~園長のひとりごと・・・新年度スタート~

「園長先生、マスク、ありますか」
「こんなおススメの消毒液があるけど」
保護者さんから、友人から心配しながらの
あたたかな言葉が届く春のスタート。

遠方の友人からは、
「大丈夫と思うけど、作ったから」と
可愛い手作りマスクが送られてきました。
近くの友人からは、
「筍ご飯、よかったら食べて」
優しさや思いやりが届く春のスタート。

一年生の保護者さんからは、
「いきなり、休みになって、、、
保育園の先生に会いたいみたいです」と
切実なお電話。
こうして、頼って下さることが嬉しくて、
交換日記みたいなノートをプレゼント。

こども達も
大人もみんなが我慢の時。
みんなで励ましあって、支えあって、
乗り越えるしかないこの新年度のスタート。
楽観的でもなく、悲観的になりすぎないように、、

今年度も校区内からも校区外からも
大勢通っていただき、
そのことに感謝しながら、
職員21人のチームワークを高め、頑張ります。