地域の方に学ぶ会~八代スタンプラリーから~

八代スタンプラリーから2か月・・・
「あのモニュメントは何であれに
きまったのかな?」
「一番遠いところのモニュメントは
太鼓だったよね!」
八代のモニュメントからは、
知りたいことがあふれます!

みんなの大好きなコウノトリ、
太鼓、八代オクラ・・・
そして、最近のぶどう組の関心の一つは
絶滅した生き物のこと!
大岡山に住むアベサンショウウオは
絶滅危惧種・・・
モニュメントの一つになっています。
「絶滅しそうなのはなんで?」
「どうして絶滅しそうで
絶滅していないのだろう?」
「まだアベサンショウウオは
絶滅していないよね」などなど。
疑問が深まります。

そして、おとなりの
八代コミュニティセンターの館長さん、
赤坂さんに教えていただく事にしました。
こども達の一生懸命な質問に、
しっかり丁寧に答えて下さいました。

そこから八代のモニュメントには、
八代の歴史をはじめ、
八代の魅力がギュッと詰まっていることに
気付かせていただきました!
なんといっても「愛情」が感じられ、
ここに住んでおられる方の、
地域のためにと思う心が
モニュメントの一つ一つになって
ここを照らす優しい明かりになっているのだと
学ばせていただきました。

もうすぐ卒園を迎える11人のこども達。
「もう一回モニュメントを見に行きたいなぁ」
「行きたい行きたい!」
4キロの道のりを歩いたことも、楽しい思い出♪
この地域で、地域の方に見守られながら
たくさんの体験ができました。
ここはみんなの大切な場所に
なってくれていることを感じた
時間となりました。

お忙しい中、赤坂さん、大塚さん
温かく教えて下さる機会を作ってくださり
本当にありがとうございました。
八代は本当に素晴らしい地域です。