ご卒園おめでとうございます。~卒園式~

今年度18名のこども達が卒園を迎えました。

式当日はこども達の表情は、とても晴れやか。

その前日は・・・

「先生、そつえんしたくないな」 「さみしいな」という子もあり、

「先生もさみしいよ」 「でも、みんななら大丈夫」

じっくり「最終日の18名」を味わいました。

 

みんなといろんな体験をしたね。

みんなは八代の地域のあたたかさの中で

大きくなりました。

18人の仲間は、これからもずっと仲間。

 

卒園証書を受け取る姿、とてもまぶしくて・・・

4月から、はじめの一歩をふみだすんだね。

これからも、たくさんのはじめの一歩があるよ。

 

みんならしく、一人一人の

いろんな歩幅で一歩ずつ進もうね。

 

ご卒園、おめでとうございます。

職員室でパソコンに向かっていると

かわいい3人の女子中学生が

「園長先生!」と訪ねてきてくれました。

輝く笑顔と共に。

 

今日は、高校の合格発表の日。

結果を聞くまでもなく、皆、いい表情!

同級生全員、地元の高校、合格!

おめでとう!

おめでとう!

 

よかった!

頑張ったね!

合格、おめでとう!

嬉しくて、まぶしくて、ほっとして。

幸せな一日。

ありがとう。

心こめてクッキー作り~クッキング~

今日はクッキング。

たくさんの「ありがとう」と「がんばってね」の

思いを込めて。

 

プレゼントするのは

園長先生や先生達。

もうすぐ、ぶどう組さんになる

みかん組さん。

 

「今までありがとうございます」

各クラスに

焼きたてクッキーと共に思いを届けます。

 

入室する前に

「しつれいします」

退室する時には

「しつれいしました」

おじぎと共に・・・

そんな姿に・・・

「大きくなったね」 

「頼もしくなったね」

 

「あと何日?」 「あと6日」

18人でのおもいで

今日もひとつふえました。

~ありがとうクッキング~

ぶどう組さんへ。

感謝の気持ちを込めてクッキング・・・。

みんなの大好きな、きなこ団子作り。

 

はじめは団子の粉をこねます。

「なんか気持ちええなぁ~!」

「だんだん、まざってきたなぁ!」

「プニュプニュなってきたやん!!」

変化にも気づき大喜び。

やさしく、やさしく・・・

丁寧に、丁寧に・・・

「おいしくなーれ!おいしくなーれ!」

みんなで、おまじないをかけながら

ひとつずつ丸めていきます。

あっという間に、たくさんのお団子が・・・。

 

次は湯がきます。

お団子がお湯の中で踊っている様子を見て大笑い。

お団子が上に浮いてくると

「わぁ~あがってきたー!」と大喜び。

きな粉にまぶして完成~♡

「おいしそうsmiley」 「喜んでくれるかなぁ?」

 

ぶどう組さんに、折り紙で作ったたんぽぽときな粉団子のプレゼント♡

なんと、ぶどう組さんからは、手作りきな粉クッキー!!

「これからはリーダーで頑張ってね!」 「今までありがとう・・・」と

みんなのために心を込めて作ってくれました。

きな粉クッキーの上には、ぶどう組さんが作った干し柿がトッピング・・・。

「おいしい!」 「干し柿のところがグミみたい!」

お互いに“ありがとう♡”の気持ちで頂きました。

ありがとうクッキング大成功\(^o^)/

3月5日火曜日の大ニュース!

何と!保育園の前の電柱にやってきてくれた鳥

コウノトリです。(大ニュース第一弾☆)

ようこそ!皆大喜びで全園児で観察タイム♪

はじめは「しーっ」と静かに見守っていたこども達ですが

そのうちコウノトリのまねをして両腕をぱたぱたしたり、

ぶどう組は発表会の劇中で歌った

コウノトリのテーマの歌を

うたってみたりしました。

そして最後まで、みとどける担当はぶどう組18人!

 

コウノトリになわとびを見てもらうことにしました。

「見て!こんなにとべるんで」 「100かいとべそう」

「走りとびだって、とくいだで」

電柱から赤くふちどりされた目で見てくれているようで

はりきっちゃいます。(コウノトリの視力は、とてもいいそうです。)

しばらくすると

ヒュ~~~~~~ッと落ちるものが・・・

「あっコウノトリがウンチしたで」

「どんなウンチか見たい!見たい!」

興味津々(劇で演じたぶどう組探偵さながら知りたい気持ちが高まります。)

 

しばらくすると、大きなはねをひろげてーっ

「あっ」 「あっ」 「あっ」 「いっちゃう~っ」 「まって~っ」

「ひろげると2メートルのはね~~~っ」(よく知っています)

残念な声は、次の瞬間!

今度は喜びの声に!

コウノトリが舞いおりた場所は

保育園のビオトープです。(大ニュース第二弾☆)

「はじめて~っ」 「やったーっ」 「すごいっ」 「さいこうーっ」

「えんちょうせんせいにしらせてくる」 「みかんぐみさんにも・・・」

「せんせいいってくるわーっ」とお知らせ隊、見張り隊に、あっという間に分かれます。

(こういう時の結束力、本当に速いんです)

見張り隊は・・・

「何食べてるんだろう」

「くちばしでさがしてる」 「上むいてたべた!」

「あっカエルのたまごはたべないでね」 「おねがい」

(先月ビオトープにてカエルのたまごを発見したのです)

お知らせ隊も

無事に走って役割を果たし

息をきらせて帰ってきました。

「ありがとう」 「いまきなるでー」とみかん組さんも

やってきてくれました。

こっそりと近付き・・・梅の木の枝の向こうのコウノトリを見つめます。

「首ほそいなー」 「やっぱり大きいわ」

「うれしいな」 「すとうにもきてほしいな」

小声でつぶやきます。

そのうち、

「なぁ、せんせい。今日な18人そろったから、きてくれたんちゃーう?」と

Kくん・・・。

「ほんとうだ!そうかもしれないね」と

私も園長先生も納得。

「卒園のプレゼントだね」

このタイミングでやってきてくれたコウノトリ・・・

しあわせを運んできてくれました。

18人みんなそろって、この瞬間を共有できたことに

感謝です。

やっぱり18人ってすごいパワーがあるのかも・・・♡

もうすぐ春。

しあわせの春がやってきてくれそうです。

 

※あとで、多分コウノトリの糞であろうと思われる現場も検証しています(^O^)/

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

サイトトップへ

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ