2011年3月アーカイブ

~卒園式~

 3月25日(金)平成22年度卒園式が行われ、17名の卒園児が巣立っていきました。たくさんの来賓の方々、保護者の方々に見守られて、皆、無事に卒園証書を受け取ることができました。園長からの一人一人への"素敵なところ""頑張り"など、ひと言添えられると、こどもたちの表情は輝き、自信にみちあふれていました。
sotsuen1.jpg sotsuen2.jpg

sotsuen3.jpg sotsuen4.jpg
 卒園児の「お別れのことば」~ありがとうメッセージ~では、こどもたちからたくさんの感謝の気持ちが伝えられました。いつも感じている保護者の方への"ありがとう"こどもたちは、皆に見守られ支えられているという愛情を感じ、涙がポロポロとあふれ出し言葉につまってしまう姿も見られました。でも、最後までしっかりと伝えることができ、頼もしさと成長を感じました。
sotsuen5.jpg sotsuen6.jpg
 卒園お別れ演奏は「風」の曲を4、5歳児で演奏しました。"みんなで叩くのは今日で最後"と、持てる力を全力で出し、今までの中で最高の演奏を聴かせてくれました。アンコールも頂き、5歳児で「八代太鼓」を演奏しました。"気持ちをひとつに合わせる"を合言葉に堂々とした迫力ある演奏をホールに響かせてくれました。八代小学校の6年生さんとの交流会で教わったバチ回しも、ちょっぴり取り入れ、とてもかっこよく決まっていました。
sotsuen7.jpg sotsuen8.jpg
 保護者の方々、地域の方々にご支援頂き、様々な経験をさせて頂くことができました。その中で、こどもたちは仲間と共に心も体も大きくたくましく育ってくれました。私達職員は、この素晴らしいこどもたちと出会い、毎日のように成長を見守らせて頂けたことをとても幸せに思っています。卒園したこどもたち17名が、それぞれの場所で命を輝やかせ、夢にむかって羽ばたいていってくれることを願っています。いつまでもいつまでも応援しています。

sotsuen9.jpg sotsuen10.jpg

sotsuen11.jpg

 春から「食育の日」などに自分たちでお米を研いだりし、経験を深めてきたぶどう組(5歳児)。その最後の仕上げは、なんと炊飯器ではなく、外でかまどを使ってのご飯炊きに挑戦です。それが今年のお別れクッキング!!かまどを使い、木屑やかんな屑を燃やしてから炊くことを伝えると「昔の人みたいだなぁ~」と興味津々の様子でした。
 当日は雪景色の中、なんと午前中のみ雪も降らず、いいタイミングで行うことができました。みんなが楽しみにしているパワーが届いたのでしょうね。はじめに、かんな屑に火を点けると「わぁ~いっぺんに燃えたわ~!」とビックリ!!木屑に火が点くまでなかなかでした。本当にちゃんとご飯が炊けるのか、ハラハラ、ドキドキ......。木屑に火が点くとみんなで大喜びでした。
kamado1.jpg kamado2.jpg

kamado3.jpg kamado4.jpg
 ♪はじめチョロチョロ、なかパッパ~!赤子泣いてもフタ取るな~!!♪と歌いながら楽しくかまどの周りを囲みました。燃えている火が消えないように、次から次へと木を燃やしました。こどもたちが火箸を使って、かまどの中に木屑を入れる姿は伝えたわけでもないのに、慣れた手つきでたくましい姿でした。火が燃えすぎても焦げてしまうし、火が小さすぎても炊けないし、スイッチひとつで炊き上がる炊飯器とは違い、難しさをみんなで感じました。
 「おいしく炊けますように!」と手を合わせてお願いしました。50分くらいたった頃、ようやくはがまの中から「シュ~シュ~」と炊き上がる音がして変化が見られてきました。ご飯のいい匂いもしてきて、こどもたちは「もうすぐかな??」と楽しみな様子でした。
kamado5.jpg kamado6.jpg
 フタを開ける時はドキドキ、ワクワクのピーク!!「せ~の~で~!」でフタを開けてみると"ふわ~っ"と湯気と同時にご飯のいい匂いがして、みんなで「やった~!」「大成功!」と大喜びでした。ちゃんとツヤツヤに炊けていることに、こどもたちも嬉しさいっぱいでした。さっそく、味見をしてみると、、、、モチモチやわらかく「わぁ~おいしいわ~」「モチモチしてる、おいしい~!」と満足そうな笑顔。給食タイムは、みんなで炊いたこのご飯がおいしくておいしくて、おかわりをしてたくさんたくさん食べました。
 電気やガスを使わずに、火を燃やして、かまどでご飯を炊く体験ができ、思い出のひとつとなったことでしょう。これからもいろいろな体験を通して、食べることに関心が深くなって欲しいと思います。

~お別れ会~

 3月8日(火)卒園児の保護者の皆さんと一緒にお別れ会をさせて頂きました。親子で思い出に残る物を作って頂こうと製作遊びを計画。キラキラと光るビーズやリボン等を飾りつけ、写真立てを作って頂きました。「ここにボンドをつけるんで」「かわいくできてるね」等と会話も聞こえ、和やかな雰囲気の中で、素敵な写真立てができあがりました。
 あたたかい拍手の中、親子で手をつなぎ、ホールの中を歩いて、卒園児の入場です。卒園児のインタビューでは、「保育園で楽しかったことは何ですか?」「大きくなったら何になりたいですか?」等の質問に、一人一人が堂々と発表し頼もしさが感じられました。
owakare1.jpg owakare2.jpg

owakare3.jpg owakare4.jpg       
 職員からの出し物は和太鼓演奏です。卒園するこどもたち一人一人に向けてエールを送り「八代太鼓」を演奏しました。
"いつまでも応援しているよ"日々の練習で、ちょっぴり筋肉痛の職員もありましたが、私達の思いがこども達に届いていますように......これからも夢に向かって歩んで行って欲しいと願っています。
owakare5.jpg owakare6.jpg
 そして保護者の方々からの出し物は...!!なんとアンパンマン、バイキンマン、ドキンちゃん、メロンパンナちゃんの登場!!「アンパンマ~ン!」「ドキンちゃ~ん!」と、こどもたちは大喜び。みんなで仲良く手をつなぎ♪アンパンマンのマーチ♪等を歌いました。また、親子で♪夢をかなえてドラえもん♪のダンスもしました。親子で顔を見合わせたり、ギュッと抱っこしてもらったり、こどもたちの幸せそうな笑顔の花がたくさんたくさん咲きました。保護者の皆さんの愛情たっぷりの出し物、本当にありがとうございました。
owakare8.jpg owakare9.jpg
 こどもたちからは、和太鼓演奏と"ありがとう"メッセージを発表しました。「お父さんお母さんのこどもに産んでくれてありがとう」「おいしいご飯を作ってくれてありがとう」等とこどもたちから保護者の方々へ、たくさんの「ありがとう」を伝えました。こどもたちは、大きくなった喜び、卒園する寂しさ、たくさんの愛情を感じ、涙があふれ言葉にできない姿も見られました。
 「みんな大きくなったね!!」皆さんのご協力を頂き、とても温かい愛情のこもったお別れ会をすることができました。本当にありがとうございました。こどもたちにとって、この日が素敵な思い出の1ページとなりますように...。

owakare7.jpg

~お迎え会&おひなまつり会~

 3月3日(木)来年度、新しくお迎えするお友達と一緒に、お迎え会&おひなまつり会をさせて頂きました。新しいお友達も保護者の方とインタビューに答えたり、ちょっぴり恥ずかしそうにしながらも自己紹介をして下さいました。また各クラスごとに楽器遊びや表現遊びを発表しました。
 ♪電車に乗ってゴーゴーゴー!!と、さくらんぼ、いちご組電車が新しいお友達を迎えに行くと、笑顔で乗車してくれました! なが~い仲良し電車ができました。
omukae1.jpg omukae2.jpg

omukae3.jpg omukae4.jpg
 めろん組は♪ミッキーマウス・マーチ♪の曲に会わせて楽器遊びをしたりみかん組は♪小さな世界♪の曲に合わせて和太鼓を演奏しました。ぶどう組は大好きな運動遊びを自信を持って披露しました。
 そして会食タイムでは、とてもかわいらしい"ひな寿司"を頂きました。「どこから食べようかなぁ」「かわいいね~」と食べるのがもったいないくらい!!おいしいごちそうに食欲もそそり、会話も弾み、みんなで桃の節句を楽しみました。4月からのご入園を心よりお待ちしています。

omukae5.jpg omukae6.jpg

サイトトップへ

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30