2011年6月アーカイブ

~大好き!和太鼓遊び!!~

 今年度も番園先生にお世話になり3,4,5歳児が各年齢に応じた和太鼓遊びを指導して頂きます。3歳児は初めての体験ということでドキドキ・ワクワク!ピアノに合わてストップゲームをしたり「りんご」「みかん」と、手拍子をしながらリズム遊びを楽しみました。4歳児はバチの持ち方、股割りの仕方、太鼓を叩く時の姿勢等を教えて頂きました。
taiko1.jpg taiko2.jpg

taiko3.jpg taiko4.jpg
 太鼓を叩ける嬉しさと、大好きという気持ちがたくさん伝わってくるようでした。5歳児は、初めに「小さな世界」の曲太鼓を聴いて頂きました。「曲のイメージにぴったりですね!」と拍手して頂き、満足そうなこども達。新しく挑戦する曲に向けて叩き方を教わりました。

taiko5.jpg taiko6.jpg
 とてもかっこいい振り付けに、こども達の目は輝きを増し、それはそれは、集中して取り組みました。こども達と共に和太鼓遊びを楽しみながら、各年齢に応じて取り組んでいきたいと思っています。

~元気いっぱい! 運動遊び!!~

 今年度も仲義先生と西松先生のお世話になり3,4,5歳児が各年齢に応じた運動遊びを教えて頂きます。今年度から保護者の方々にもご参観頂く事に。お忙しい中、大勢きて下さいました。

undou1.jpg undou2.jpg
 こども達はより一層、やる気マンマンの表情でした。クマさん歩き、カンガルーとび等と動物表現を楽しんだり、鉄棒やとび箱、マット等の運動用具を使った遊びも教えて頂きました。生き生きと、面白く楽しくご指導して下さる先生に、こどもも保護者の方もひきつけられ、あっという間に時間が過ぎていきました。

undou3.jpg

 運動遊びは、脳にも、体にも、心にも素晴らしい効果がたくさんあります。こども達の輝く未来のために、今年度も元気いっぱい楽しく、運動遊びを毎日、積み重ねていきたいと思っています。

~梅ぼり、頑張るぞぉー!!~

 「梅、いっぱいついとるでぇ~」「今年はよーけあるって、おじいちゃんが言っとんなったでー」と、梅ぼりを楽しみにしているこども達。今年も梅が、何個収穫できるのかを園児とそのご家族の皆さんに予想して頂きました。
 6月16日(木)4,5歳児で梅ぼりをする日がやってきました!!その日の登園時は「がんばってくるんやで!!」と保護者の方から熱いエールを送ってもらう子もいました。その時、小さな梅の実の1粒1粒の持つ重みをひしひしと感じたのでした。

ume9.jpg ume8.jpg

ume1.jpg ume2.jpg

ume4.jpg ume3.jpg
 衣服の着替えをし、長靴をはいて梅ぼりに出発!!梅の実を見つけると、梅とり棒を使ってツンツン。「う~ん、とれない~!!」あきらめずに何度も挑戦し、ポトリ!慣れてくると「僕にまかせて!」と器用にとれるようになっている子もいました。斜面をかけ上がり夢中で実を探す子。手が届かない高い場所にある実を見つけると「木をゆらしたらええんちゃう!?」という声が。
 ユッサ、ユッサと枝を揺らすとポトポトポト...!!「ヤッター!」と喜ぶこども達。自分で考えやってみる、それが成功する。こども達の自信につながるひとときでした。応援に来てくれた2,3歳児のパワーももらって、最後まで梅ぼりをみんなで頑張ることができました。

ume5.jpg ume6.jpg
 終えてみると、な・なんとバケツ4個分に梅の実がどっさり!!さぁ、いよいよその数を数える時がやってきました。「1・2・3・4......」「何個か分かれへんようになったー」と言いながらも数えていきます。100を越え、500を越え......1000を越え...合計は「1923個」すご~い!!!とみんなで大興奮です。
 今年は本当に大収穫でした。これも"こども達のために"と、地域の方が下草刈りをして下さったおかげです。安全に梅ぼりを楽しめました。いつも本当にありがとうございます。その収穫した梅の実で、「梅ジュース」と「梅干し」を作りました。
 「はやく、飲みたいなぁ~」「梅はな、クエン酸パワーやで」と頂く日を心待ちにしているこども達です。さぁ、梅の実の収穫数予想をして頂いた結果はどうでしょうか...!?ピタリ賞はあるかな??おたのしみに☆

ume7.jpg

~ピクニック たのしかったよ~

 6月10日(金)こども達がとても楽しみにしていたピクニックの日。お家の方にピクニックシート、水筒等をリュックサックに入れて用意して頂き、ルンルン気分でこども達は登園してきました。
 出発式では、ぶどう組(5歳児)が一人ずつ約束を言います。「一つめ、あぶないところには行きません。二つめ、けがをしたときは先生に言いましょう。三つめ、車に気をつけて歩きましょう。四つめ、先生のお話や合図を聞きましょう。五つめ、いろいろな虫がいるので気をつけましょう。六つめ、おしっこに行きたくなったら先生に言いましょう。」それぞれ自分で考えた約束を堂々と言う姿に頼もしさを感じました。
 みかん組(4歳児)は、真剣な表情で聞いており「○○ちゃんが言っとんなったなぁ~」と"約束を守ろう"という気持ちを強くしていた様でした。

picnic1.jpg picnic4.jpg

picnic2.jpg picnic3.jpg

picnic5.jpg picnic6.jpg

 0、1、2、3歳児は「猪爪の堂」へ行きました。草花を摘んだり、ダンゴムシやチョウチョを見つけて喜んだり...。又、木々の間からぶら~んとぶら下がっていた植物のツルにぶら下がって「ア~ア ア~!!」ターザンごっこを楽しみました。4,5歳児は「悠遊の郷」に行かせて頂きました。五月の親子遠足の時にもお世話になりました。豊かな自然、手作り遊具の魅力に引き込まれて、どんどん遊び込んでいくこども達。山の中を自由自在に走り回り、こども達の持つたくましさや本来持っている遊ぶ力のようなものを目の当たりにした一日でした。

picnic9.jpg picnic8.jpg
 それくらい、顔を真っ赤にして、衣服の汚れも気にせず、伸び伸びと全身で遊びを楽しんでいました。みんなが力いっぱい遊んだ一日でした。それも「悠遊の郷」を安全、安心に管理されている八代ジッバーさんのおかげです。お昼は、それぞれの現地にお弁当を運んで頂き、「おいし~!」と大満足!!たくさん身体を動かし、おいしいお弁当を頂いて、こども達の笑顔がとびきりに輝くピクニックとなりました。

picnic7.jpg

 6月7日(火)旧試験場跡広場にて、日高町内の保育園の5歳児交流会が行われました。今年度はこども達に親子で"ごはん食"の良さが体験出来る「ごはん塾」の取り組みをスタッフの方々よりご指導頂きました。それが今年度の5歳児交流です。
 他園のこども達がたくさんで、初めは少し緊張ぎみでしたが、三つのチームに分かれ、ごはん炊きに挑戦する説明を聞いている頃には、こども達の表情は、興味津々で笑顔も見られるようになってきました。

gohan1.jpg gohan2.jpg

 無農薬栽培の「コウノトリ育む米」を計量したり、洗ったりしました。どの活動も積極的にやる気いっぱいのこども達。友達がしている姿をじーっと真剣に見たり、自分の番がまわってくると生き生きと頑張る姿が見られました。
 スタッフの方が「さぁ~ごはんも洗え、水も入れたし、次はどうしよう~?」と質問され「炊く~!!」と嬉しそうに言えましたが、、、、炊くまでには何かをしなければいけません。『薪割りです!!』  スタッフの方が木に"のこ"で切れ目を入れて下さり、こども達は硬い木でトントン叩いて割っていきます。初めての経験でしたが、こども達は和太鼓で学んだ?股割りを自然にして、木をトントン叩き、とても力強く頑張っていました。木が細くなるまで何度も何度も叩いて薪割りです。こども達は楽しんで意欲的に挑戦していました。
 さて、いよいよ火をつけ、ごはん炊き開始です。スタッフの方が火をつけている様子を見て「あっ!ついたついた~!」と大喜び!!さぁうまく炊けるかな?みんなはドキドキワクワクです。炊けるのを待っている間は広場へ行き、他園の友達と交流をしました。
 そこへ、なんと! 玄さん、オーちゃん、コーちゃんの姿が...。みんなは嬉しくて大きな声で呼びました。すると、みんなの方に来てくれました。握手をしたり、触れ合ったり嬉しくて大はしゃぎでした。また、玄さん、オーちゃん、コーちゃんと一緒に記念写真も撮りました。笑顔いっぱいのこども達でした。

gohan3.jpg gohan4.jpg
 さて、待ちに待った釜の蓋を開ける瞬間です。湯気が"モァ~!!"とあがり「わぁ~!!」「やった~!!」と、みんな大喜びの大興奮!!早く食べたくて待っていられないこども達は、急いでお弁当箱を取りに行き、スタッフの方に、炊きたてのごはんを入れて頂き「たけの(竹野)誕生の塩」をふりかけて、保護者の方と一緒に食べました。自分達でお米を量って洗い、炊いたごはんはとてもおいしいです。おかずなしで、ごはんの味をじっくり味わい「おいしい!!おいしい!」と笑顔満開の素敵な表情でした。

gohan5.jpg gohan6.jpg
 保護者の方も「モチモチしていておいしいです!!」「おこげも最高!」としみじみ言っておられました。あまりのおいしさに、おかわりを何回もした子も。お腹も心も大満足のこども達でした。当日は、勤務の都合をつけ、全員の保護者さんが参加して下さいました。保護者さんに向け、兵庫農漁村社会研究所の保田先生の講話がありました。米食が栄養面や安全面で優れている点をあげられ、各家庭での「ごはん食」を勧められました。味覚も育ち、体の基盤もつくるこの大切な幼児期に親も子も、とてもよい学びを得る事が出来ました。


 5歳児の交流をしながら、親同士の交流も深められ、貴重なすばらしい体験ができ、本当に幸せでした。「ごはんが好き!!」「きちんと食べる事の大切さ」をこれからも忘れずに伝えていきたいです。また、この学びを他の保護者さんにもお伝えする機会をぶどう組さんの保護者さんを中心に9月頃には持ちたいと計画中です。「ごはん塾・その後」をお楽しみに!!保田先生、スタッフの方々、玄さん、オーちゃん、コーちゃんありがとうございました。

6月7日(火)5歳児交流会「ごはん塾

6月7日(火)5歳児交流会「ごはん塾

2011-09-23

サイトトップへ

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30