2012年1月アーカイブ

~大好き 毬穂えりなさん~

1月30日(月)またまた夢のような出来事が...!!!なんと、毬穂えりなさんが3度目の来園をして下さることが決まったのです!!「やったー!!」と、みんなで大喜び。その当日があっという間にやってきました。ホールには園児と保護者・地域の方々、職員の期待が膨らみドキドキ・ワクワクの笑顔が広がります。
 「まりほえりなさ~~ん!!」『は~~~い』ピンク色の素敵なドレス、きれいな歌声にうっとり
4.jpg 4.jpg

marihosan11.jpg 3.jpg

 4.jpg 4.jpg

 こどもたちが毬穂えりなさんの魔法にかかり歌の世界にどんどん引き込まれて。夢を見ているかのよう。「雪」「さんぽ」の曲をステージで一緒に歌わせて頂いたり「マル・マル・モリ・モリ!」のダンスも弾ける笑顔で元気いっぱいに踊らせて頂きました。

4.jpg 4.jpg

4.jpg 4.jpg
 めろん組からは、生まれてきて下さり、八代保育園に歌を届けて下さり、ありがとうの感謝を込めて、毬穂えりなさんに♪誕生日って♪というステキな歌をプレゼントしました。"素敵なプレゼントをありがとう"と、喜んで下さっていました。みかん・ぶどう組からは、毬穂さんにぜひぜひ!見て頂きたいと発表会のプログラムから、リズム表現「希望 つながる日本~みんなの手の中に~」を発表させて頂きました。各県の踊りを一生懸命に踊り、みんな、生き生きと表現できました。ぶどう組からは創作太鼓「八代太鼓」も力強く演奏しました。息の合った太鼓の音がホール中に響き渡りました。又、毬穂えりなさんの歌声に合わせて「風」の曲も演奏させて頂きました。

marihosan3.jpg marihosan4.jpg

 そしてお食事もご一緒にさせて頂き、こどもたちからは次々に質問が!! "好きな色は何色ですか?"→ピンクです "好きな果物は何ですか?"→桃です" "好きなドレスは何ですか?"→ピンクのフワッとした宝石のついたドレスです "好きな食べ物は何ですか?"→とうもろこしです(笑) などなど...たくさんの質問にも快く答えて下さり、色々とお話を聞かせていただきました。感動いっぱい、幸せいっぱいのこの時がもあっという間に過ぎてしまい、お帰りになる時間が......。
 まだまだ一緒にいたいと思う気持ちでいっぱいになり、「えりなさ~ん!」「えりなさ~ん」となかなか離れられないこどもたちでした。

marihosan5.jpg 4.jpg
 お忙しい中、また大雪の中、29日からわざわざ一泊して下さり、私達のために八代保育園にお越し頂き、本当に本当にありがとうございました。またお会いできる日を心から願っております。ありがとう!毬穂えりなさん

4.jpg

 1月29日(日)じばさんTAJlMAにて「-シンポジウム・ライブ・但馬冬鍋-」が行われました。当日は、園長が総合司会を務めました。『東日本大震災復興支援プロジェクト』『食農教育プロジェクト』『ひきこもり・不登校等支援プロジェクト』『但馬冬鍋の試食』などの発表とシンポジウム、そして、宮城県被災者支援で大活躍をされている毬穂えりなさんのライブもありました。
sinpo1.jpg jibasan1.jpg

jibasan2.jpg jibasan3.jpg

 みなさんの素晴らしい発表に、人と人は強い絆でつながっていること、与えられた命を大切に生きること、そして今、この生活が当たり前のことではなくとても幸せなことであること等様々なことに気づかされました。人々のために生きもののために...と一生懸命に考え、取り組まれておられるお姿に"私達にできることは何だろう"と考えさせられるひとときでもありました。こどもたちの「和太鼓」のおかげで、このようなとても大切な学びの場に職員も参加させていただくことができました。こどもたちに感謝です。
jibasan6.jpg jibasan5.jpg
 ぶどう組のこども達も「風」を和太鼓で力強く演奏しました。そして、毬穂えりなさんと一緒に「マル・マル・モリ・モリ!」のダンスもさせて頂きました。大きなステージ、たくさんのお客さんに"ドキドキしました""緊張しました""楽しかった"と、こどもたち。一人一人が堂々と一生懸命な姿にまたひとつ成長を見せてくれ、胸がジーンと熱くなりました。
 このような貴重な経験をさせて頂けたことに感謝の気持ちでいっぱいです。また、大雪の中、送迎をして下さった保護者の皆様、本当にありがとうございました。

jibasan7.jpg jibasan41.jpg

~おもちって、やわらかいね!!~

 1月26日(金)みかん・ぶどう組は、おもち作りに挑戦です。図鑑を見ながら『もち米』と『うるち米』の違いについて知ると「じゃあ、今日はもち米だね!」と言ったり、「田植えの時、田んぼにすって~ん!ってこけた時のもち米だぁ!!」と言う子も......それぞれにドキドキ・ワクワクしながら始めました。
 おもち作り機の中に蒸した米を入れスイッチ、オン!!ホワンッホワンッと音を立てながら、湯気を立てながら、あっという間におもちに変身です。まっしろな、きれいなおもちに「すご~い!!」と大歓声のこどもたちです。

mochi4.jpg mochi3.jpg

アツアツ ホカホカのおもちを両手で優しくまるめていきます。ヒビのないきれいなま~るいおもちに仕上がっている子がおり"上手だね"とみんなで感心していると「うん!だってしたことあるもん!おばあちゃんに教えてもらった」と誇らしそう!!家庭でも色々な経験をさせていただいてるのね。

mochi2.jpg mochi6.jpg
 今回は白もち、豆もち、よもぎもち(よもぎは春にこども達が摘んだ物)と3種類のおもちが出来上がり、おやつにおぜんざいにして「みんなで作ったおもち、おいしいねー!!」と大喜びで頂きました。あ~、おいしかった!しあわせ!

mochi5.jpg mochi1.jpg

~吉田先生の歌唱指導~

 1月11日(水)吉田先生ご夫妻に歌のご指導をして頂きました。先生方が来て下さると、こどもたちはちょっぴり緊張。"大きな体の大人のように、わぁー!!と大きな声を出さなくてもいいんですよ。優しくね"と声をかけて頂くと、こどもたちの声はみるみる変わっていきます。そして、とても気持ち良さそうです。

うございました。

uta1.jpg uta2.jpg

uta3.jpg


 魔法のタクトが振られると、こどもたちの優しい歌声がホールに響きました。それは、それは、心地よい幸せなひとときでした。職員がいつも弾いているピアノにも魔法がかかり、まるでピアノが喜び歌っているかのようでした。先生方にご指導して頂いた翌日、いつものようにクラスで歌をうたい始めると、なんと、まぁ!!!優しい声!!!少年少女合唱団のようにうたうこどもたち。いつもうたっていた歌ではないようです。笑顔で気持ち良さそうに歌を楽しんでいる姿に、先生方に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
 今後も様々な歌をこどもたちとうたい、心豊かに「うたうことが大好き!!」と言ってもらえるよう楽しんでいきたいと思います。ありがと

サイトトップへ

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30