2014年2月アーカイブ

長ぐつ 救出大作戦!!

こんもりできた雪の山snow

よ~し!!ゆきあそびだぁ~!!と飛び出したいちご組(2歳児)

寒さなんてへっちゃら。冷たさなんてなんのその。

そして・・・

雪の山を見れば、登りたくなっちゃう。

のぼるぞ~!とはりきったのはいいけれど・・・

「え~ん。。。な・が・ぐ・つ がぁ。。。。。ぬけないよ~」泣きだしたAちゃん

さて、困りました。

どうするのかな。

そっと、見守りましょ。

 

そこへやってきたのは、Bちゃん。

「とったげる!」と一生懸命手を伸ばします。

もうちょっと。。。あ~ん、とどかない。  

Bちゃんはのぞき込みすぎて、今にも落ちそうなくらい頑張ってくれましたが、

残念、とどきません。

その後、何人ものお友達が代わる代わるチャレンジしてくれました。

 

でも、でも、長ぐつは雪の中。

 

どうしよう・・・

 

その時です!

「どいて!わたしがとってあげる!」と頼もしい声。

しっかりさんのCちゃんです。

 

Cちゃん、がんばれ。Cちゃん、がんばれ。  

みんなが応援団。

みんなで応援団。

 

う~ん。。。。。。とれた~!!

 

すご~い。

AちゃんもBちゃんもCちゃんもにっこり。

そして、いちご組のみんなもにっこり。

きっと、Aちゃんの長ぐつも笑ってくれてるね。

 

友だち思いのやさしいこども達に

心、ぽっかぽか。

幸せなひとときでした。

 

 

 

 

 

ぶどう組~親子クッキングとクラス懇談会~

1月28日(火)に、ぶどう組の親子クッキングとクラス懇談会を行いました。

前日よりワクワクのこども達♪

「明日のメニューは?」と尋ねると・・・

「カレー雑煮!」「おもち!」とすぐに答えが返ってきました。

そして、こども達と一緒にまずは予習!

「明日使う野菜は何でしょうか?」

「ねぎとだいこんとにんじんとはくさいと・・・たまねぎ!!!」 「やった~言えた!」と満足そう♪

「お肉は?」「ぶたにく!」と、大正解でした。「素晴らしい!」

お次は、六つの食材を二人一組になり、切り方のお勉強もしました。

「だいこんは・・・ささのはさらさらの・・・たんざくぎり!」

「にんじんは・・・きいろのはっぱの・・・いちょうぎり!」

「ねぎは・・・ちいさなくちでもたべれるように・・・こぐちぎり!」

「たまねぎは・・・かみをとく、くしのかたちの・・・くしがたぎり!」などなど

こども達のイラストと文字で、素敵なレシピが完成!

レシピができると自然に練習が始まりました。

明日への楽しみが広がり、生き生きとした表情のこども達!

oyakocooking1.jpg oyakocooking2.jpg

いよいよ当日!健康チェックもかねて親子での自己紹介!

そして、楽しくレシピ紹介も。さぁ、はじまりはじまり~!

野菜を切ることも、こども達に任せながら進めてくださり、

見守られているまなざしに安心感を肌で感じて、親子で活動です。

ひとり、ひとり、本当に嬉しそうな表情があふれ、こちらもあたたかい気持ちになりました。

oyakocooking3.jpg oyakocooking4.jpg

おもちも、「あちちちち!!」といいながら、にぎやかに丸めてみたり、味見もちょっぴりしてみたり♪

スムーズに準備は進み、煮える間にふれあい遊びも楽しみました。

準備体操に、「昆虫太極拳」 

そして、みんなで協力しての大縄跳びも盛り上がりました。

こども達に一生懸命の姿を見せていただき、感謝しています。

楽しい会食。

お家の方と一緒にいただく喜びもあり、おかわりも続出!!

おなかも心も満腹になったひとときとなりました。

その後のクラス懇談会では、就学に向けての心配事や生活習慣についてなどの悩みが聞かれました。

参加してくださった方々の様々な立場からの思いやアドバイスなど、貴重な意見交換の場となりました。

担任自身もよき学びの機会となりました。

oyakocooking5.jpg oyakocooking6.jpg

教育とは「共育」

親も子も素直に向き合って、共に育ちあうことができるようにと・・・思っています。

あと残り2か月。

これからも就学を意識し、一日、一日を大切に進めていきたいと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

後日、早速に、意見交換の場でのアドバイスを実行された方や、

家でもカレー雑煮を作られたとの報告も聞いております。

素晴らしい実行力に、またまた、感激いたしました!

お忙しい中、ご参加いただき、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

~やったぁ!雪あそび~

雪がたくさん降った朝。

園庭一面、銀世界。

こども達は「今日雪あそびする~?」「先生~雪投げ合戦がしたいわぁ~!」と、楽しみに登園。

時間がかかる着替えも、今日は、素早く。

ジャンバーやスキーズボン、準備オッケー!!

snow2.jpg snow6.jpg

「わぁ~足跡がついたわー!」「あっちまで行ってみよ!」と、雪の中を駆け回るこども達。

嬉しすぎてこけてしまう事も・・・。

が、しかし、「こけても痛ないわ~」と笑顔。

「家で雪だるまを作ったことあるで~!」と、雪だるま作りも始まります。

雪の玉がだんだん大きくなります。

転がすのが重く大変になるとみんなで協力し合ったり、「ヨーイショ」と、掛け声をかけてパワーアップ!!

二つの雪の玉を組み合わせて雪だるまの完成!!

自分たちで作った雪だるまを見て大満足でした。

snow4.jpg snow1.jpg

雪投げ合戦では、走って、逃げて。

思い切り、相手をめがけて雪玉を投げます。

寒さへっちゃら。元気いっぱいのこども達でした。

snow5.jpg snow3.jpg

除雪時にたまった雪の山を斜面にして、ソリあそびも楽しみました。

滑る速さを体で感じ、「わぁ~おもしろい~!!」と、笑顔いっぱい。

ソリあそびが初めての子も「まだまだしたいわぁ~」と、大興奮!!

二人乗りをしたり、どこまで滑るか競争したりして喜んでいました。

冬の遊びを、これからも十分に楽しんでいきたいです。

 

~お正月あそび楽しいなぁ~

「凧」を作りました。

各クラスでナイロン袋に絵を描きました。

「どんな絵を描こうかなぁ~?」と、イメージを膨らませながら、、、

オリジナルの「凧」が完成です!!

「早く揚げたいなぁ~!」「ぼくの揚がるかなぁ~!!」と、勇んで園庭へ・・・・。

「ヨーイ ドン!!」一斉に走り出しました。

「いっぱい走ったら揚がったわ~」「わぁ~〇〇ちゃんの、よー、揚がっとるわ~!」

「あっ、空気が入った」と、コツをつかんだり、走らずに揚げる方法を工夫したりする子も。

あっという間に風も友だちです。

syogatuasobi1.jpg syogatuasobi2.jpg

かるた遊びでは、「私が読むわ!」「ここに並べて!!」と、ぶどう組の子がリードしてくれます。

大きな声で「はいっ!!」と、言って取れると大喜び!!

時には、「私が早かった!」「ぼくのほうが早かった!!」と、ケンカになる事も・・・。

そこでも、ぶどう組の子が先生役となり、「〇〇ちゃんのほうが早かったで!」と、よく見ていて決めてくれます。

異年齢でかるた遊びをすることで、小さい子とペアになり優しく教える姿、かるたを取らせてあげる姿も・・・。

「今日は、よーけとれたで~!」「もう一回するわ~!」と、繰り返し、楽しんでいます。

syogatuasobi6.jpg syogatuasobi3.jpg

こま回しにも挑戦です。

ひもを巻くこと。それが肝心、それがなかなか難しい。

強く巻きすぎるとほどけてしまい、弱く巻くと最後まで巻けません。

根気強く、ひも巻きに集中。

その姿、その瞳は真剣そのもの。

手の動きも少しずつ早くなり、、、

「えい!!」と、言ってこまを投げますが、回すこともなかなか難しい。

何度も何度も挑戦です。

うまくひもが引けるようになると、回せます。

回せた子は、それは、それは、大喜び!

回せない子も諦めません。

まわりで見ていたこども達も、刺激を受け「ぼくもやってみるわ~」と、やる気の輪が広がります。

風船羽つきも人気でした。

syogatuasobi4.jpg syogatuasobi5.jpg

お正月遊び。

遊びの中にこどもを本気にする要素がギュッと詰まってます。

遊びの力でこどもがグッと伸びていきます。

伝統的な日本の遊び。

大切にしたいです。

 

サイトトップへ

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30