2014年11月アーカイブ

朝、出勤して郵便受けをのぞくと、

水色のパトロールカードが入っていることがあります。

そのカードの「異常なし」のチェックを見る度、

思わず頭が下がります。

そして、丁寧に日誌に貼ります。

 

私達がとっくに夢の中にいる時間。

真っ暗で寒い夜。

小さな保育園を守り、地域を守り、

大きな、大きな安心をこのカードが教えてくれます。

ありがとうございます。

 

地域の多くの方々のおかげで、私達は、安心をいただいてます。

当たり前ではないこの事実を真摯に受け止め、

保育の中でお返しをしていきましょう。

少しずつ、少しずつ。

65名の園児と共に成長していきましょう。

球根植え~春になったら・・・~

11月20日(木)

今日は「球根植え」です。

今回も地域の方に、お世話になります。

いつも見守り、支えてくださり、

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

「春になったら・・・」

みんなは、一つ大きくなるということを

イメージして・・・

「うふふ」

「えへへ」

くすぐったい笑いが

こぼれました。

kyukon1.jpg

園庭に並んだプランターに、

チューリップと小麦の種を植えます。

地域の方に、

「ここに、植えてごらん」

「ここでいい?」

「いいよ」

優しく教えて頂きます。

kyukon2.jpg

プランター運びも、

みんなで協力して・・・

とても力持ちです!

きれいに並びました。

 

これから冬がやってきます。

プランターの球根や種は、

春になるまでじっと待ちます。

北風や、

雪の冷たさを感じながら、

大きくなるのです。

「すごいね・・・」

「だいじょうぶなんだ・・・」

自然の力を感じながら。

kyukon3.jpg

春になったら、

色とりどりの、チューリップに会えることを

楽しみにして・・・

一つ大きくなったみんなの笑顔に会えることを

楽しみにして・・・

♪「さいた さいた

 チューリップのはなが 

 ならんだ ならんだ~」

そんな声が響くことを

楽しみにして・・・。

待ち遠しい春。

 

あまくな~れ!しぶがきちゃん⑤

園庭の柿の木。

葉っぱがすっかり落ちて、晩秋の装い。

柿の実のオレンジ色が

空にくっきりと浮かび上がっています。

 

残念ながら、

「あまくな~れしぶがきちゃん」の吊るし柿は・・・

雨と天候が良すぎたため・・・

カビが生えてしまいました。

それを見つけた時のショックは、大きく・・・。

 

しかし!

地域の方に教えて頂いた作り方は、

頭の中にバッチリあります。

そう!

リベンジです!!!

こども達と、柿の木を見ながら誓いました。

「明日、吊るし柿をつくるよ!」

「やった~!」

「了解!!!」

明日は寒くなる、

12月中旬の寒さだと・・・(天気予報も言ってる)

kaki1.jpg kaki2.jpg

みかん・ぶどう組で、力を合わせて挑戦です!

教えて頂いたことを、思い出しながら・・・

前回の吊るし柿を見ながら、

ぶどう組は、枝の丈も切っていきます。

枝を持つのはみかん組です。

kaki3.jpg kaki4.jpg

自分たちで考えたり、

手伝うことにも気が付きながら・・・(いい姿だな~)

 

紐にもくくり、いよいよ・・・

お風呂タイムです!

「1・2・3・4・5・・・」

あったまり、ほかほかしぶがきちゃんです。

ハンガーに吊るし、

今度は、お祈りタイムです。

「みんなで食べられますように!」

「カビが生えませんように!」

「甘くなりますように!」

「うまくいきますように!」

そして、

物干し場へ、吊るしに行きました。

よし完了!

kaki5.jpg kaki6.jpg

「せんせいみて!」

「ほらっ、すごい!」

こどもの指さす方向には、

八代の山々の、

イチョウの黄色もあざやかになり、

北風に舞っていました。

「わぁ~きれいだね~っ!」

「うん!すごい!」

駆け足で冬がやってきそう。

kaki7.jpg

園庭の柿の木には、

実が一つ。

自然の恵みに感謝するとともに、

また来年もお願いしますと

こども達と祈りました。

「自然の神様へのプレゼントだね!」

と、こども達は話しています。

自然をたっぷり味わいながら、

大きくなっています。

 

 

全日本身体障害者野球大会~一生懸命の気持ち~

11月15日 県立但馬ドームにて

「全日本身体障害者野球大会」が行われました。

全国から、勝ち抜いてこられた選手の皆様。

その方たちの前で、和太鼓演奏をさせて頂きました。

 

1日の世界大会でも、活躍された選手もおられました。

「アッ あの選手だ」

演奏前に気が付くこどもも・・・。

本番前なのに、その落ち着いた姿には、驚かされます。

多くの機会をいただき、こうして、

こども達の視野の広がり、気づきの深さにしみじみと成長を感じる今秋です。

baseball1.jpg baseball2.jpg

さあ、いよいよ、演奏です!

全国から来られた、

選手の皆様のふるさとは・・・

どんな風景なのでしょうか?

この但馬から思いを込めて・・・

一生懸命な気持ちで、

「ふるさとの風に響(の)せて」を叩かせていただきました。

baseball3.jpg baseball4.jpg

演奏後、退場される選手の皆様に、

応援の気持ちが伝えたくて、

手を振らせていただきました。

温かいまなざしと共に、

こども達に手を振り返して下さいました。

和太鼓を叩く機会をいただくお陰で、

こども達と共に、多くの方々の支えやぬくもりをじんわりと感じることがあります。

本当にありがとうございます。

ご健闘を心より、応援しています。

 

保護者の皆様、

今回もお世話になりました。

お忙しい中、ご協力下さり、

本当にありがとうございました。

 

今年も、食育エプロンの会の皆様にお世話になりました。

参観日もかねて、親子でお勉強させて頂きました。

保護者の方も、多数ご参加頂き、感謝の思いでいっぱいです。

毎年、この機会をいただき、私達も貴重な学びの場です。

 

園長は、

「こどもにとって、良いものを」

「より、健やかな育ちを」

「保育の中の食」に関して

その熱い思いで、

私達職員に、話します。

 

その思いを受けて、

「食べることは、生きること」

「食べたもので、体はできている」

「食べることは、大切」

と、当たり前のことではありますが、

とても大切なことを、

深く、深く考えるようになりました。

でも、まだまだ知らないことが多すぎて・・・

教えて頂くことのできる環境に、有難さを感じています。

syokuiku1.jpg syokuiku2.jpg

食育エプロンの会さんは、いつもこども達と私達に、

「良いものは何か」

ということを、教えてくださいます。

 

食べ物が持つ力を、生かすために・・・。

syokuiku3.jpg syokuiku4.jpg

この会で、こども達は、

「体が元気になる食べ物」を知り、

「食べすぎると、体に悪いもの」を学び、

「旬をいただくことの豊かさ」を、

丁寧に学びます。

 

こども達は、お話に真剣なまなざしで

聞いたり、考えたり・・・

時には、笑いながら答えたり、

まさに、 『知る』 という喜びを

楽しさと共に経験させていただいているようです。

syokuiku5.jpg syokuiku6.jpg

こども達と共に、学びながら

食べることの大切さを、実感し、

感謝の一日を過ごさせていただきました。

本当に、ありがとうございました。

 

 

 

日高高等学校さんとの交流会~夢に向かって~

11月7日

日高高等学校の福祉科の生徒さんとの交流会。

4・5歳児が参加させて頂きました。

 

はじめに・・・

楽しい出発を前に、

かっこいい姿に感動したことをひとつ!

園庭に整列していたぶどう組5歳児17名!

そのあと、園庭に出てきたみかん組4歳児9名です。

 

いつも、組ごとに一列に並び

みかん組とぶどう組と手をつなぐのですが、

みかん組の9名分ぶどう組は手をつなぐことなく、

一列で、待ってくれていたのです。

すっぽりとスムーズに・・・合流!

見通しが感じられる考えた動き!

素晴らしいです・・・。感動です!

その優しさがいっぱい詰まった9名分!

そのスペースに入れて頂き、

しあわせなみかん組❤(職員もしあわせ)

 

バスが到着しました。

優しい笑顔の校長先生と教頭先生、

そしてたくさんのおねえさんとおにいさんが

待っていてくださいました!!!

hidaka_hs1.jpg hidaka_hs2.jpg

初めての高等学校です。

こども達は緊張の表情ながらも、

大きい声で、挨拶も出来ました。

早速二人組になって下さり・・・

会場の第2体育館(夢ドーム)へ移動です。

hidaka_hs3.jpg hidaka_hs4.jpg

嬉しいのだけれども、まだまだ緊張気味のこども達。

そんな気持ちをほぐすように、

二人組での新聞紙じゃんけんゲーム!

それはこんな楽しいルールでした!

初めに新聞紙の上に乗ります。

負けると、どんどん新聞は小さく折りたたまれていき・・・

その上から落ちてしまうと、残念!アウトです!!!

「うわっ!もうだめ!」

どんどん新聞紙は、小さく折りたたまれていき、

こども達はといいますと、

おにいさん、おねえさんに抱っこやおんぶ姿です!

中には、片足で頑張って持ちこたえようとする姿も・・・

おにいさん、おねえさんも必死ですっ!

みんなは、とっても嬉しそうにくっついています♪

おにいさんの肩車や、お姫様だっこも登場して・・・

笑い声も響き渡り、いつものみんなです。(甘えん坊さんに!)

hidaka_hs5.jpg hidaka_hs6.jpg

楽しいお弁当の時間も一緒にシートに座って

「いただきます!」

 

「せんせい!たのしいなぁ~

たのしいなぁ~ クリスマスみたいにたのしいなぁ~♪」

こんな風に表現する子も・・・

楽しい気持ちが胸いっぱいに

あふれていたんだと思います。

可愛いですね❤

 

そして、お礼の和太鼓演奏もさせて頂きました。

全校生徒さんに、呼びかけてくださり、

あっという間に、会場はいっぱいに・・・

こども達は一生懸命、叩かせていただきました。

大きな拍手もいただきました。

本当に、有難い経験でした。

hidaka_hs7.jpg hidaka_hs8.jpg

最後は、学校探検です。

教頭先生が、案内をして下さいました。

介護福祉士さんや看護師さんになられる

おにいさんやおねえさんが、実習をされる部屋を

見せて頂きました。

専門的な器具や、人体模型・・・

こども達の瞳も真剣でした。

夢に向かって日々、学ばれている姿が

見えたのでは・・・。

そんな気がしました。

 

バスに乗り込むと、上から声が!

福祉科の皆さんが、窓から手を振ってくださっていました。

こども達も大喜びで、一生懸命手を振り、

「ありがとうございました!」

「おべんきょう、がんばってください!!」

大きな声でエールを送りました。

夢を叶えられるよう、応援しています!

きっと、きっと叶います。

明るくて笑顔の素敵なおねえさん、おにいさん、

本当にありがとうございました。

 

 

ブロック交流会②~こころくばり~

ブロック交流会で、

府中小学校さんに出かけたときのこと。

あったかい

発見をしました。

校舎からも・・・。

廊下には可愛いくまのぬいぐるみが

チョコンと座っていました。

「おや?」

「なるほど・・・!」

block2-1.jpg block2-2.jpg

廊下の中央に、

・・・そうだよね。

走るとくまさんが転がっちゃうよね。

優しい気持ちで歩くといいんだよね。

見た目にも心和むこころくばり。

こども達もそっとくまさんにふれながら、

歩きます。

block2-3.jpg block2-4.jpg

履物からも・・・。

トイレも靴箱もきれいにそろえられた履物。

そして、こんな言葉が添えられて・・・。

「 はきものをそろえる 」

 はきものをそろえると 心もそろう

 心がそろうと はきものもそろう

 ぬぐときにそろえておくと

 はくときに 心がみだれない

 だれかが みだしておいたら

 だまってそろえておいてあげよう

 そうすれば きっと

 世界中の

 人の心もそろうでしょう

 

きちんと整えられているところには

ちゃんと整えられている心が存在することを感じました。

 

「一人」の心がけの大切さを、わかるということ。

自分本位ではなくて、

相手の気持ちを考えるという心を育てるということ。

block2-5.jpg

交流会を通して、こども達はたくさんの学びの機会をいただいています。

私たちも共に学び、

良いところを吸収していけるように・・・。

そんな気付きをいただきました。

 

本当にありがとうございました。

みかん組4歳児のお部屋でのお話より・・・

「明日はブロック交流会です!」

「せんせい!わかった!」

「ブロックするんやんな~!」

「残念!なんだったかな?」

「バスにのって・・・」

「わかった!小学校に行くことだった!」

「そうです。府中小学校の5年生のお兄さんとお姉さんと、

八代小学校の1年生さんと、こくふこども園のお友達と、ぶどう組さんと・・・

みんなで100人のお友達と一緒に遊びます!!」

「100にんっ!」

「すっご~い!」

「やったぁ~!」

こんなにたくさんの人数が集まる経験や、

お弁当を持ってバスに乗る経験も

はじめてのみかん組です☆(ワクワクドキドキです)

block1-1.jpg

ぶどう組5歳児は秋にかけて、

他園との交流会をはじめ、

就学に向けて小学校さんとの交流会などなど・・・

多数経験し、頼りになる先輩です。

 

府中小学校さんに到着です!

ニコニコ笑顔の、5年生のおにいさんとおねえさんが待っていてくださいました。

今日の天気は雨模様で、体育館に集合です。

それぞれのグループのプラカードを持って、

「ついてきてね!」

「グループわかる?」

「おいで!こっちだよ」

わかりやすく案内してくださいました。

block1-2.jpg

それぞれの遊びも、

みんなが楽しめるように、ルールの見本もして下さいました。

手をしっかりつないで、

目を見て(視線を落として)、

気持ちを聞いて・・・(優しい口調で)

みんなのことを思って下さる気持ちが、伝わってきました。

たくさん手作りの、プレゼントも用意して下さり、大喜びのこども達♪

(たくさんのご準備、大変だったことだと思います。)

責任をもって司会や役割を行い、

リードされる姿にあこがれの気持ちを感じたり、

ぶどう組は小学校に向けて、

そんな優しさにふれて、期待感も高まったことでしょう。

交流会デビューのみかん組も安心して、

100人の輪の中に入る経験ができました。

block1-3.jpg block1-4.jpg

みんなのことをしっかり考えて、計画を立ててくださったこと・・・

心より感謝しています。

本当にありがとうございました。

block1-5.jpg block1-6.jpg

来年は、きっと素敵な、

最高学年の6年生になられることでしょう。

みかん組、ぶどう組も一つ大きくなって

優しくしていただいた経験が、誰かに優しくできることにつながることでしょう。

みんな、頑張って!!!

 

 

 

5歳児交流会③~おまけの巻~

大雨の中、八代保育園まで戻ったこども達。

日高農改センターに移動することになりました。

 

 

雨に濡れないように、バスに乗る方法・・・

 

「あれでいこう!」

アイディアを出してくれたのは園長です!

 

何だと思いますか?

 

答えは・・・「パラソル!」 (さすがです☆)

5saiji3-1.jpg 5saiji3-2.jpg

大きなパラソルに5~6人入って、

園のテラスからバスまでのピストン運行!

「発車オ~ライ!」

冷たい雨が降っても、パラソルの中で

お友達とくっついて歩くと・・・

なんだか楽しいね。

優しい気持ちになるよ。

「うふふ・・・」「えへへ・・・」

大きなパラソルの中で、笑顔の花がいっぱい咲いていました。

5歳児交流会②~雨バージョンの巻~

雨のため、予定は雨バージョンに変更です。

日高町農改センターへ移動しました。

日高町内の7つの保育園、一つのこども園が集まって「自己紹介」です!

 

自己紹介は事前に、こども達と話し合って決めていました。

「八代保育園からきました、ぶどう組です。

今日はいっぱい遊んで、いっぱい仲間をつくりましょう。

悠遊の郷は、ぼくたち、わたしたちが案内しますね。」

悠遊の郷で、はりきってこういうはずでした。

 

でも・・・雨。

悠遊の郷には来ていない。

交流会の担当をしているB先生は、内心ドキドキ。

さて、八代保育園の順が最後に回ってきました。

こども達はこんな風に自己紹介したのです。

 

「八代保育園からきました、ぶどう組です。

今日はいっぱい遊んで、いっぱい仲間をつくりましょう。

悠遊の郷は残念だったね。」

 

え~っ え~っ!?

びっくりでした。

雨バージョンは練習していなかったよね?

なんで~っ?

5saiji2-1.jpg 5saiji2-2.jpg

じつは・・・

他園の自己紹介中、

内緒話でおとなりさんへ、おとなりさんへと

伝言がまわっていたのです。

スタートはA先生とその周りにいたこども達。

一番端っこにいたB先生も、全く気が付かないくらい!

本当に、内緒の、内緒の、内緒話。

可愛い内緒話❤

とってもとっても、素晴らしい自己紹介を堂々と、胸を張ってしてくれました。

「みんな、すごいね!」

5saiji2-3.jpg 5saiji2-4.jpg

グループに分かれての、転がしドッヂボールも大ハッスル!

たくさんのお友達の中でも、自分らしく、楽しめている姿を見ると、

「大きくなったね」

「すごいね」

と一つ一つ褒めて、抱きしめたくなります。

5saiji2-5.jpg 5saiji2-6.jpg

雨の中の交流会。

突然の雨。

持ち物が見当たらない、など困ったこともありましたが、

それも、大きな経験となりました。

そして・・・

こども達は日々成長しているんだなぁ。

お家の方の手作りお弁当を、

幸せそうに食べているこども達を見ながらそう思いました。

 

いつも、ご協力いただきありがとうございます。

5歳児交流会①~カッパ(雨具)の巻~

天気予報は、曇りのち雨。

大丈夫だよね、ぼくたちわたしたちが案内してあげるからね。

そんな気持ちで迎えた交流会。

行先は八代地区の悠遊の郷。

こども達の大好きな場所だから、誇らしさも感じながら、楽しみに当日を迎えました。

レッツゴー!!!

他の保育園のお友達と張り切って出発。

歩いて、歌って、笑って…楽しい散歩♪

ところが、そんなこども達の頭に、ポツ・・ポツ・・・ザーーーーーーーッ

そうなんです!

なんということでしょう。雨!それも大雨が降りだしたのです!!

たいへんだ!!リュックの中から急いでカッパを出して着よう!!

「カッパを着る」一言でいうと簡単ですが、こども達にとっては簡単なことではありません。

ましてや、大雨の降る中です。

1.リュックを下ろす

2.カッパを出す

3.カッパを袋から出して袋を片付ける

4.リュックを背負う

5.カッパを着る

ここまで出来て、出来上がりです!

さて、こども達は・・・。

「カッパがな~い」

「そでがない、手が入らな~い」

「せんせい、ちょっと持っといて~」

「裏表、反対やん」

などなど、大騒ぎしながらも何とか。

1・2・3まではOK!でも、4.5が逆の子がほとんどでした。

もう一回やり直し。

他園の先生にもお手伝い頂いて、なんとか全員OKとなりました。

 

「この雨では悠遊の郷では、遊べないね。残念だけど、園に戻ろう」と

こども達に伝え、歩き出しました。

きっと、悠遊の郷に行きたかっただろうなぁ・・・

戻りたくないと思ってるんだろうなぁ・・・

悲しそうにしてるんだろうなぁ・・・

 

と、後ろを歩いてるこども達の顔を見ると、

あら?あらら みんな笑顔。いい顔してる。

「クツぬれたけど、だいじょうぶ」

「ぼく、くつしたもびっしょ びしょ~」

といいながらも、なんだか楽しそう。

 

悠遊の郷へ行けなかったことは、すごく残念でした。

でも、こども達は・・・

友だちと歩くこと、一緒に出掛けること、カッパを自分で着られたこと、

いろんな喜びを見つけて、楽しんでいたのです。

 

すごく嬉しくなりました。

こども達が、愛おしく思えました。

可愛いなぁ、心からそう思いました。

 

困った経験も、出来た喜びをより大きくしてくれます。

こども達と一緒なら、楽しさに変わります。

雨の中の散歩も、幸せでした。

「あ~たのしかった!」           

        ※カッパを着る所の写真は、写す時間もなく、、、添付なしでお許し下さい。

11月1、2日両日

県立但馬ドームにて、世界身体障害者野球日本大会が開催されました。

その場に、4・5歳児も参加させて頂けることになりました。

ドームの方の熱い思いで、誘致されて、、、

念願の大きな大会です。

こども達もその輪の中に入れて頂き、

貴重な体験をさせて頂けることに、心より感謝しております。

baseball1.jpg baseball2.jpg

ポスターのアメリカの代表選手の義足の話を、こども達に伝えました。

軍隊にはいられ、地雷を踏まれて、足を失われたとのこと。

日本に生きる私たちにとっては、「戦争」はもう身近に感じるものではないようになったかと思います。

でも、戦争により苦しんでおられる方々も同じ地球上におられ、

生きていらっしゃるということ・・・。

そんな現実や悲しいことがあるということを、

みんなで学びました。

選手の皆さんが、負けない強い心、あきらめない気持ちで努力されたことを考えながら、

みんなの一生懸命を伝えようと心に決めました。

 

当日は、バルーン演技・和太鼓演奏をさせて頂きました。

バルーン演技は、選手の皆さんの入場と共に行いました。

こども達の演技に、優しく微笑みを送ってくださる選手の方も・・・。

baseball3.jpg baseball4.jpg

野球観戦もさせて頂きました。

「みんなぁ、がんばれ~!!!」

「にっぽん、チャチャチャ!」

何も言っていないのに、大きな声で選手の皆さんに声援を送るこども達。

 

グラブを使う手と、投げる手が同じ!

打席では左太ももを松葉杖の持ち手にかけて、バランスを取りバットを振られる姿!

そして、一塁まで全力疾走!

速い!

全身で野球が好き!という思いが感じられるプレー・・・

 

このプレーの姿になられるまでのことを考えると時、己の弱さを感じてしまいました。

胸が熱くなり、涙があふれてきました。

「せんせい、また、泣いているの?」

「うん。すごいよね。選手の皆さん・・・。」

「うん。そう思う。すごい。」

baseball5.jpg baseball6.jpg

選手の方々のそのお姿に、

こども達自ら、心の底から出る声で声援を送ります。

「がんばってください!」

「すごいっ!」

「はやい!」

「かっこいい!」

ひとつひとつのプレーに心底、感動、感動、感動。

 

そんな姿を見せていただき、自然に胸が高鳴り、、、

エネルギーをいただき、、、

「せんせい、はやく太鼓たたきたい!」と

口々に言い始めるこども達でした。

それ程、胸を震わされる体験だったのだと思います。

 

和太鼓演奏、

たくさんの方たちに見守られながら、堂々と叩きました。

叩くことが楽しくなり、聞いてもらいたいという気持ちも自然にあふれます。

一つ一つの経験がこども達を大きく成長させてくれているようです。

選手の皆さんから、あふれるパワーをプレゼントしていただきました。

素晴らしい大会に参加させていただきました。

心より感謝いたします。

baseball7.jpg

保護者の皆様には、早朝より集合していただき、

参加へのご理解とご協力をいただきましたこと、

感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

 

 

 

音楽のつどい~感動の響き~

10月20日(月)

今年もみんなの大好きな毬穂えりなさんと友麻亜里さんと佐伯準一さんが来園して下さることに!!!

その日は、保護者さんと地域の方にもお越し頂き、

「音楽のつどい」と題して、

音楽の持つ美しさや楽しさを分かち合う会です。

ongaku1.jpg ongaku2.jpg

保護者の皆様に、

担任よりクラスの取り組みやこども達の普段の姿を

写真付きで紹介させていただくコーナーも設けました。

大きくなった姿を、皆さんで感じあい、笑顔あふれるシーンとなりました。

 

さあ、そして、いよいよコンサートの始まりです!

前日のディナーショーを終えられて、

お忙しいスケジュールの中、ご都合をつけて下さっての来園です。

ongaku3.jpg ongaku4.jpg

はじまりは、みんなの大好きな♪ありのままで~♪です。

毬穂さんが歌われると・・・

まるで、雪のお城がそびえたってくる迫力もあり、

結晶のきらめく世界が広がるようでした。

友麻さんのかっこいいダンスも。

みんな、うっとり、、、

「雪の女王」に変身です!

 

『ハナミズキ』では、友麻さんとのハーモニー・・・。

「人の歌声ってこんなにきれいなんだ」

「心地いい」

またまた、うっとり、、、

幸せをたっぷりと、味わい、、、

ongaku5.jpg ongaku6.jpg

佐伯先生が、ピアノを弾かれると・・・

「ピアノってこんなに表情豊かなんだ」と

またまた、うっとり、、、

あらためて、ピアノの持つ音色の魅力を感じます。

 

ここは、保育園???

みんなで、うっとりです。

 

最後の『風』は、みんなで大合唱♪

「愛と勇気」「未来」「命の尊さ」「希望」

大切なことがいっぱい詰まった歌です。

これからも、大切にこども達と歌いつないでいきたいと思っています。

感動の響きを胸いっぱいに感じた一日となりました。

毬穂さん、友麻さん、佐伯先生、感謝しています。

ongaku7.jpg

また、たくさんの保護者の皆様、地域の方々にも

お越しいただきました。

本当にありがとうございました。

 

 

サイトトップへ

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30