2015年8月アーカイブ

散歩

久しぶりに、いちご・さくらんぼ組でお散歩へ。

道路に着くと

「右はいいかな?」

「左はいいかな?」

「もういちど」

車が通らないか確認!

sanpo1.jpg

散歩をしていると

地域の方に声をかけて頂きました。

「ほおずき持って帰ってよ」

「わぁ~うれしい!よろしいんですか?」「ありがとうございます」

大きな、大きなほおずき。

こども達になんと、一本ずつ頂きました。

sanpo2.jpg sanpo5.jpg

歩いていると、

またまた、地域の方から声をかけて頂きました。

「カブト虫の幼虫あげるよ」

「わぁ~うれしい!よろしいんですか?」「ありがとうございます」

「袋、あるか?」

「はい、あります」

畑の土の中から幼虫を掘り起こして下さいました。

sanpo4.jpg

 

地域の方々に

こうして、あたたかく声をかけて頂き

たくさんの愛を頂きました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

散歩って素敵なつながりですね。

大切にしていきたいです。

 sanpo3.jpg

初めての一年生の夏休み。

「一学期がんばったね」のごほうびの日。

卒園前に約束した今日がやってきました。

みんなで作った玉ねぎも入れて、

おいしいおいしいカレー作り。

ワイワイ、ガヤガヤ大喜びでクッキング。

curry1.jpg curry2.jpg

 

「先生これhappy01」と照れくさそうに手作りのブレスレットを

そっとプレゼントしてくれた子。

「みんなで食べよっ」と

自分が育てたキュウリを持ってきてくれた子。

「本いっぱい読んだよ」

「一輪車に乗れるようになったんだぁ」

「国語も算数もたのしいです!」

「友だちがいっぱいできました!!」

と、一年生のみんなからうれしい報告。

中には、

「マラソン大会で11位になったから、次は

 もっと上の順位になれるようにがんばります」と

目標をお話してくれた子もありました。

curry3.jpg

「先生、いすが小さくなっとる~」

「水道(水道の流し台のことです)が小さくなった~」

と一年生。

ちがうよ(笑)

みんなが大きくなったの(笑)

背もぐ~んと伸びて、

ちょっぴり照れくさそうな一年生。

でも、かわいい笑顔はちっとも変わらない。

素直で、まっすぐで、元気で。

そして甘えん坊。

いつまでも大切な八代保育園の宝物。

curry4.jpg

次は冬。

第2回 里帰りパーティーで会おうね。

今度は17人みんなで大縄跳びを跳ぼう!!

curry5.jpg

8月22日(土)

「第15回全国めだかシンポジウム」が

豊岡で開かれました。

オープニングにぶどう組9名が

和太鼓演奏をさせて頂けることに!

実行委員長様をはじめ多くの方々のご厚意で

声をかけて頂き、本当にありがとうございます。

medaka1.jpg

カラーTシャツに黒の腹がけ姿のこども達は

夏のお日さまのお陰で

いい色の顔にピッタリ、決まっています。

さあ、出番!

 

全国からぼくたち、わたしたちのふるさと

豊岡にきて下さり、ありがとうございますの気持ち。

和太鼓演奏をきいて下さって

ありがとうございますの気持ち。

そして、めだかの気持ちになって…

生き物があふれる豊かな自然を

大切にして下さってありがとうございます。

そんなありがとうの気持ちを

体いっぱいにつめこんで

こども達は和太鼓を叩かせていただきました。

medaka2.jpg

伝わるといいな…

とどくといいな…

 

「ありがとうって言葉、使えば使うほど、

 しあわせになるんだよ」と園長がいつもこども達へ。

 

広がるしあわせ、つながるしあわせ、

ありがとうの気持ち、ありがとうの言の葉を

和太鼓にのせて、これからも叩かせていただきます。

 

保護者の皆様、送迎のご協力もして下さり、

いつもありがとうございます。

落とし物の10円玉②~買い物に出発!~

ジャジャジャジャーン

昨年からの計画を実行する時がきた…。

昨年、園長が拾った10円。

みんなで交番に届けたその10円玉…。

10yen1.jpg 10yen2.jpg

使い方もみんなで考えて、考えて、、

そして、里帰りカレーパーティーの計画がされ、

「そうだ、その時に使おう」

この10円で材料を買おうと

話し合ったのでした。

 

明日はいよいよ「里帰りカレーパーティー」

(一年生になった友達が園に里帰りするのです。)

地域の吉岡農園さんにご協力頂き、

オクラの買い物に出かけます。

大切な10円玉を持ち…行こう!

何と!

園長先生からも一人一人に10円を握らせてもらい

いざ!出発!!

10yen3.jpg 10yen4.jpg

吉岡さんに

「10円でオクラは買えますか?」と尋ねると、

「おばちゃんは5本で100円で袋に入れて売っとるんよ」と

「だから1本は20円。どうなるかなぁ?」

「…10円じゃあ、かえれへん…」

「…ってことは、」 (ピカン!)←わかった音

「2人だったら1本かえる!!」「やったぁ~!!」

2人で合体して1本買えるという

計算式ができました。

あっという間に2人組になるこども達。

とても嬉しそうな笑顔いっぱいのこども達。

10yen5.jpg 10yen6.jpg

「暑い中、買いにきてくれてありがとう」と

吉岡さんからたくさんのおまけとおだちんをいただき

誇らしそうに

大事に

持って帰る足取りも軽く、

吉岡さんのあたたかいご協力に心から感謝…

貴重な学びをありがとうございました。

きっと、明日のカレーは特別おいしいね♡

~三世代ふれあい夏祭り~

「あと何回寝たら夏祭り?」と指折り数えて

楽しみにしていた「三世代ふれあい夏祭り」

8/7(金)暑い中、朝早くから準備をして下さる

地域の方々のおかげです。

ありがとうございます。

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

わくわく、ドキドキ

和太鼓演奏の発表です。

はじめはみかん組。

「手のひらを太陽に」の曲に合わせて。

「ドン、前!」「1、2、3、4、5、6…」と

リズムを大きな声で!!

ジャンプして太鼓を叩き、にこにこ笑顔。

その笑顔、ひとりひとりが、まるで、太陽のようでした。

八代の夜空に元気な演奏を響かせて

和太鼓デビュー大成功!!

fureai3.jpg fureai1.jpg

 

次は、ぶどう組。

「めだかの学校~ふるさと~」の曲に合わせて。

地域の方が編曲して下さった、オリジナル曲。

曲をよく聴いて音を合わせようと真剣な姿。

堂々と太鼓に向かう姿。

それぞれのパートのリズムをしっかりと叩き

たくましさと力強さを感じ

パワーアップしたぶどう組のこども達。

たくさんの拍手を頂き、

達成感を味わっていました。

fureai5.jpg fureai4.jpg

めろん・いちご・さくらんぼ組は、

お面をつけて登場!!

「アンパンマン音頭」を踊りました。

おひざを曲げたり、「トントンパー」と、

かわいい振りをして笑顔いっぱい。

最後は、ごほうびのギュー♡をしてもらい

大満足!

みんな、笑顔!

親子で素敵なふれあいができました。

fureai2.jpg

バザーでは、ヨーヨーつり、輪投げ、

お楽しみグッズのコーナーを開店。

「いらっしゃーい」

「どれにする~?」「はい、これね…。どうぞ!!」

「ここから投げてー!!」

「わぁーすご~い!入ったで!!」

と、役員さんが盛り上げて下さり大盛況!!

 

いよいよ名物の打ち上げ花火!

大きな音と共に広がる大輪の花、花!

「わぁー!」「きれーい!!」と、感激いっぱい♡

感動があふれ、ジーンとしました。

あぁ、幸せ。

大切な夏の思い出の1ページとなりました。

地域の方、役員の皆さん、本当にありがとうございました。

梅干し作り part3~太陽の力ってすごいよね~

梅酢の中に気持ちよく漬かっていた梅干しちゃん♡

突然すくい出されてザルの中に…

「いったい何処へ行くの?」と思っていたら

「あっ 眩しい!」「なんだか暑いな!」

「これが噂に聞いた土用干しなの?」

おいしい梅干しになるために

干されてみようかな…

ume3-1.jpg

「わあっ きれい!」

「トマトみたい」

「いちごみたい」

黄色かった梅も、1か月梅酢に漬かることで

ほんのり色づいてきました。

みんなで少しづつ味見も…

「おいしい!」「グー!!」

「梅干しの味」「すっぱーい!」

ume3-2.jpg ume3-3.jpg

土用干しを始めてから、5時間。

「先生、梅干しがちょっと赤になったで」

「シソが固まっとるで」

「梅干しがちょっとかたい」

「キラキラしてる」

「シソがピンク」「シソ、ちょっと白いで」

太陽の力で変化し始めた梅干しちゃんの様子に

こども達も興味をもったようです。

ume3-4.jpg ume3-5.jpg

昔の人の知恵ってすごいですね。

太陽の力で殺菌。

そして、梅干しの皮を破れにくくします。

夜露にあてることで果肉がやわらかくなります。

この梅干しをいただくのはぶどう組になってから。

土用干しが終わったら、

また樽の中でみんなに会えるまで待っててね。

梅干しちゃん♡

サイトトップへ

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30