2015年11月アーカイブ

♪さざんか、さざんか咲いた道。

こども達の歌声が響きます。

暖かい秋に油断していたら、駆け足で秋が深まり、

遠くの山には、初冠雪。

冬が始まります。

 

近年は、年度途中の入園も多く、

おかげさまで、11月は64名の園児、12月から67名と

賑やかに保育をさせていただいています。

 

入園当初は、泣けて、泣けて。

「ママのところに行きたいの」

言葉にならない瞳の奥からそんな言葉が聴こえてきます。

担任はもとより職員皆で、

日々、寄り添って、包み込んで。

少しずつ、少しずつ、笑顔に変わります。

「〇〇ちゃん、頑張ったね」と声をかけると、

「うん、安心」と言わんばかりに

数本の前歯を見せて笑ってくれます。

ありがとう。

 

あなたの幸せは、私達の幸せ。

出会ってくれて、ありがとう。

これからも、一緒にいっぱい笑っていこうね。

 

 

 

感謝・実りの秋~甘くなぁーれ、ほし柿づくり~

「なににする?」

「あわし柿?」

「ほし柿?」

今年も園庭の柿の木に神様からのプレゼント

 

楽しい相談は続きます。

「だって、ほし柿はしっぱいしたやん」

「そうだったなー」(よく覚えているのね)

「でも、2かいめはせいこうしたやんなぁー」

「そうそう!!」(そうそう!)

「あっ、きなこクッキーにほし柿をいれたの」

(ドライフルーツのように)

「あれ、めっちゃおいしいやんなぁ~」

「そうだったなぁ~」「おいしかったぁ~」

「あれまたたべたいわぁー」「うんうん」

「なあ、先生ーっ、きなこクッキーを作って…

 そのうえにほし柿をのせよう!」

「それがいい!」「うんうん」

全員一致!

早速、午後より準備開始です。

hoshigaki2.jpg

ホワイトボードにレシピを書くこども

(よく覚えていることに感心!)

 

「ひももいるわ」

「これでいいわ」(スズランテープを準備)

「えだもきらんなんし…」(ハサミを準備)

さすが!経験者たちです。

まさに“失敗は成功のもと”です。

hoshigaki5.jpg hoshigaki1.jpg

最後まで、ハンガー係(柿をつるす)カメラマン係…

いろんな役を自分達で決めてくれて

あっという間に完成しました。

hoshigaki3.jpg hoshigaki4.jpg

晩秋の風に揺れているほし柿。

今年も神様、ありがとうございます。

甘くなりますように…

神様へのプレゼントに残したひとつの柿

来年もよろしくおねがいします。

「せんせい、たのしかったー」

「せんせい、あのね、おばあちゃんが

うちの子になって!って いってくんなった」

「よろこんでくんなったなぁ」

 

今日はひいらぎの会(一人暮らしの方々の会です)の皆様、

デイサービス利用者の方々との交流会。

hiiragi1.jpg

自己紹介、和太鼓演奏、肩たたき、インタビューゲーム…

はじめは少し緊張していたこども達。

でも、あっという間に…

優しくてあたたかい

おじいちゃん、おばあちゃんの空気に包まれて

人の輪、笑顔の輪がひろがります。

hiiragi2.jpg

「わたしは歌が大好きなんです。

 みなさんでこの歌をいっしょにうたいましょう」と…Kさんの提案も。

その曲は、『ふるさと』

みんなの和太鼓の曲。

以心伝心。

八代ふれあいセンターに

ぬくもりいっぱいの歌声が響きました。

hiiragi3.jpg

朝は曇っていた空も

園に帰る頃には日射しもあたたかに…

こども達も職員も

胸がぽっかぽかになっていました。

今日もしあわせな一日でした。

ありがとうございました。

かわいいお客さん♡~みかん組修理工場~part2

syuuri1.jpg

「なあ先生、看板はできたけど

 みんなに知らせんなわかれへんやん」

(えっ、そんなことに気付くの?すごい。)

でもでも…

(保)「何でもなおすって書いたけど、本当に大丈夫?」

(子)「大丈夫!!」

  「男子はおもちゃをなおすわ。ドライブで?」

   (ドライバーのことでした)

  「人形もなおせるで」

 

と、いうことで

看板を持って各クラスをまわることに…

syuuri2.jpg

「みかん組修理工場です。なんでもなおします。

 困った時はどうぞ。」

早速、さくらんぼ組から

ミニ絵本と手作りおもちゃの修理の依頼が…

「おまかせください」

syuuri3.jpg

みかん組に戻り、作戦会議!!

(保)「さくらんぼ組さんから頼まれたけど

   誰がなおす?」

(子)「頼まれた人がなおしたらええと思う」

  「それがいいと思う」

(保)「うん、わかった。頼むで。

   でも1人でできれへん時はどうする?

   やめちゃう?」

(子)「友達に頼んだらええわ。1人がだめなら2人、

   2人がだめなら3人、3人がだめなら4人…」

(いつのまにか劇のセリフのようにみんなで言っていました)

「みかん組はできないことはないんで!!」

など、など、こども達の頼もしいことばに感激!

「やればできるさ なんだって

 みんなでチャレンジ ワー オー!」

盛り上がるこども達。

 

自分達でしたい!!と思ったことにはどんどんアイディアや

考えが出てきて力が発揮されるんです。

すばらしい!

そして楽しい!!

 

今日の修理工場の担当は

依頼を受けたRちゃんとKちゃん。

(保)「なおすのに何かいるものある?」

(子)「テープがいるかな、のりも…」

必要な物を準備し、あとは任せます。

にこにこで修理をする二人

そして「できたよ♡」と

さくらんぼ組に納品しに行きました。

頼まれるって、すごくうれしい♡

喜んでもらえるって、すごくうれしい♡

それが、こども達の力につながっていくんですね。

syuuri7.jpg

 

次に、みかん組修理工場のみんなは

みかん組畑の後片付けへ……

「できないことはないんで」の言葉通り、

こども達はどんどん畑をきれいにしていきます。

syuuri5.jpg

それに片付けたプチキューのつるで

リースもできあがりました。

「ふくろうのお家みたい」と大喜び。

その後は土の入ったプランター運びまで…

 syuuri6.jpg

「今日はいっぱい働いたな」と満足そうなこども達。

ありがとう♡

1人1人の力が集まって、大きな力になったよ。

頑張ったね。

みんなの力、すごいよ。

みんなの気持ち、とってもうれしいよ。

 syuuri4.jpg

 

かわいいお客さん♡~みかん組修理工場~part1

「Hちゃん、本が破れたのでなおして下さい」と

みかん組にかわいいお客さんが…

「Hちゃんすごいな!」

前に本をきれいになおしてくれたHちゃんに

めろん組から依頼がきたんです。

Hちゃんも照れながらも、うれしそう♡

破れた所にテープを貼ってきれいになおしてくれました。

 

「先生、私もできるで!」

「なおしてあげる!!」と、アピールする子も…

誰からともなく

「看板、作らんなんわ」

「みかん組修理工場にしよう」

「何でもなおせますって書こう」

「次々、注文がきたらどうしよう」

「忙しいで」

「○○ちゃんお願いしますって言ってくれるかな」

「看板はいつ貼る?」

「今はあかんと思うで。

 お昼寝やし、いっぱい注文がきたら困るで」

 

こども達でいろいろ考え

どんどん話を進めていく様子。

見ていてとても楽しかったです。

頼りにされるとうれしいよね。

自分達でするって楽しいよね。

すごいな、みかん組!!

頑張れ、みかん組!!

11/4(水) 地域の方から「おもいやり神社にふくろうがいたよ」

という情報をいただきました。

 

早速、探しに行きました。

「ホーホーホーホー」鳴きまねをしながら探すこども達。

「あの木かな」「巣があるで」

「木に穴もある、あそこかな」……

でも残念ながら出会うことはできませんでした。

 

11/5(木)八代小学校の図書室に

ふくろうの本があるか見せてもらうことに。

 

でも、どうしてみかん組は「ふくろう」を探しているの?

 

それはね…

夏から色水あそびや染め物を楽しんできました。

その中で「ふくろうのそめものや」という

絵本に出会い「ふくろう」が好きになったから。

 

今日はまず代表の3人が小学校へ行き

お願いをすることに…

「こんにちは、八代保育園みかん組です」

「図書室の本を見せて下さい」

「いつ、こさせてもらったらいいですか?」

とてもはっきりと伝えることができました。

素敵だよ♡

「小学校ってたのしいですか」と積極的に聞く姿も…

教頭先生も

「楽しいよ。クマも出るし、マムシも出るし…」と

笑顔で答えて下さいました。

fukuro1.jpg

教頭先生に「今日でもいいですよ」と言って下さり、

喜んでみんなの所に…

「やったー!」「うれしい!」満面の笑み♡

「授業中だから静かにしようね」と約束をして

図書室へ…

fukuro2.jpg

「ふくろうの本、あるかな」と、

たくさんの本の中から探すこども達。

机の上で本を見ているこども達

「なんか小学生になったみたい」と、うれしそう。

「しまふくろう」の本があり、みんなで見ることに…

「ふくろうは足で魚をとるんやな」

「ネズミ食べとるで」

「骨は出すんだって」

これまで知らなかったことを

本を通して知ることができました。

fukuro3.jpg

自分達でお願いをし、自分達で探し、

自分達ですることの楽しさを味わったこども達。

急なことで小学校さんは驚かれたことと思います。

でも、かわいいこども達の思いを

快く受け入れて下さりありがとうございました。

これからも、小学校さんとのつながりを

大切にしていきたいなと思います。

 

今日のみんな、かっこよかったよ!素敵だったよ!

ありがとう。

10月31日(土)

第17回全日本身体障害者野球選手権大会、開会式。

4.5歳児が和太鼓演奏をさせて頂きました。

 

「ドームはすべるから きをつけてね」

「はしるときは こけないようにね」

5歳児は4歳児に経験したことを伝えます。

また、昨年の経験も写真を見ながら話します。

松葉づえのランナーを見て

「あっ、この人めっちゃ速いんだで」

「すごいスピードだったよ」

「日本チャチャチャって おうえんしたよね」

「世界大会もあったもんなー」「うん」

熱い戦いを思い出すこども達でした。

baseball1.jpg baseball2.jpg

 

当日は早朝の集合となりましたが、

気持ちのいい朝の挨拶をしてきてくれました。

スタンバイをしている時には、

「おと、あわせような」「うん」

「てをのばそうで」「みみのよこまでな」

自然にこんな会話が聞こえてきました。

(自分が頑張ろうと思っていることを

言葉にできるって本当にスゴイこと。

大きくなったね。)

baseball3.jpg

さあ、本番です!!

4歳児のかわいらしくて、威勢がいいかけ声!

体いっぱい使った太鼓のリズム打ち!

5歳児の堂々とした姿!

音楽の合間、シーンと静まり返った瞬間の

ひとりひとりの凛とした姿!

baseball4.jpg

演奏の合間にも温かい拍手を何度もいただき、

心が震えました。

ありがとうございます。

手作りの横断幕を出すタイミングも本番はうまくいき、

ほっと笑顔が広がります。

23名全員で、頑張りました。

一生懸命に、心を込めて。

応援の気持ちが少しでも届いたかな。

 

また、保護者の皆様にも早朝より、送迎、準備等

ご協力をいただきました。

本当にありがとうございました。

baseball5.jpg

毎年、このような素晴らしい大会に参加させていただき

感謝の気持ちでいっぱいです。

こども達にとっても、私達職員にとっても、

毎回、大きな学びを頂いています。

ひとりひとりの可能性を大切に、私達も、私達の役割りを

深めていきます。ありがとうございます。

サイトトップへ

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30