2016年1月アーカイブ

あおむし→さなぎ→?

年末から飼っていたあおむしがさなぎになりました。

sanagi1.jpg

いつも、飼育ケースをのぞいては

「さなぎになったら ちょうちょになるんで~」

「まだ、さなぎだぁ~」と

いつになったらちょうちょになるのかなと

楽しみに楽しみにしているこども達。

(もしかして、ちょうちょにならないのかな~と心配な保育士)

sanagi2.jpg

今日、飼育ケースをのぞくと

なんと、ちょうちょが……

「みんな見て、ちょうちょになっているよ」

「え~」「みせて~」とこども達。

ちょうちょを見て

「わぁ~」と言いながら、、、

あまりの不思議さに、神秘的な出来事に、

こども達の動きが止まったんです。

sanagi3.jpg

ちょうちょさんの誕生をみんなで大喜び。

 

ちょうちょさんに見守られながら

みんな仲良く遊んでいます。

ちょうちょさん、ありがとう。

どならない子育て練習法

どならない子育て練習法(そだれん)勉強会をしました。

 

1/20(水)雪の降る中、

たくさんの保護者の皆様がご参加下さいました。

 

どならない子育てができたら…

イライラしない子育てをしたい…

そんな声が聞かれます。

 

皆、同じですよね…

 

お買い物編のバッドサイクルとグッドサイクルを

職員が演じ、

どこがバッド?

どうすればグッド?

と一緒に考えて頂きました。

kosodate1.jpg

“前もって約束する”

“まず共感”

“ちょうどよい大きさのごほうび”

“ほめことばプラスほめしぐさ”

いくつかのキーワードに、

なるほど!やってみます

と前向きな保護者さん。

kosodate2.jpg

もちろん、うまくいくことばかりではありません。

分かっていても、ついまた感情的になってしまうことも

あると思います。

でも、悪いのはこどもでもお母さんでもありません。

悪いのはサイクルです。

グッドなサイクルが少しづつ増えて

穏やかな子育てと親子の笑顔が広がるよう

今後も、一緒に勉強させて頂きたいなぁと思います。

 

ありがとうございました。

一緒にしようよ、アルプス一万尺

♫アルプス一万尺こやりの上で…♪

 

こども達の元気な声が聞こえてきます。

あやとりと同じくらい今、ブームになっています。

「パッチン右、パッチン左、パッチン右…」

簡単なバージョンから始めました。

その日の宿題は

「おにいちゃん、おねえちゃん、おかあさん、

おばあちゃん…誰でもいいよ、お家の人としてみようね」

ということにしました。

alps1.jpg

次の日、

「先生、難しいのできるで」と見せてくれた女の子。

「先生、私もできるで」と…

…それはとても難しいバージョン‼

「すごい」「そんなんできるん、先生にも教えて」と、

早速、教えてもらいました。

「おかあさんに教えてもらったんで」

「おばあちゃんとしたんで」と、

とてもうれしそうなこども達。

alps2.jpg

手と手のふれあい、

相手の顔を見ながらの遊び。

いいですよね。

みかん組の部屋には、毎日、笑顔と明るい声が響いています。

きっと、お家でも盛り上がっていることでしょうね。

こうして、歌い継がれてきたふれあい遊び。

大切にしていきたいなと思っています。

~園長のひとりごと・・・お年玉~

新年、明けましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になり、本当に、ありがとうございました。

今年も何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

新春早々、嬉しいお年玉を頂きました。

1/6(水)一年生の里帰り。

17名、全員集合。

大きくなったね。

みんなで作って食べたお雑煮。

日本一の美味しさでした。

みんな、ありがとう。

「里帰り」っていう言葉がこども達にも浸透して、

なんだか、ふと、笑みがこぼれます。

でも、みんなの実家というか、ふるさとというか。

そんなあったかな存在の八代保育園である事が

これからも大事にしたい事かなと思います。

 

もうひとつのお年玉。

以前、勤務していた園で担任させて頂いたIくん。

「あさって、成人式だから帰って来ました」

と、まさかの訪問を受け、びっくり。

その優しい眼差しは、5歳児の頃のまま。

感動しました。

「卒業したら、こっちに帰ってきます」とIくん。

そのために、今、医療関係の勉強を頑張ってますって。

またまた、感動。

初心者マークの付いたお父さんの車を運転して帰って行く姿に

またまた、感動。

 

今、お仕事出来るのも、Iくんをはじめ、たくさんのこども達に

出会わせていただいたおかげです。

過去の自分の未熟さ。

そして、今も、今の未熟さがあり。

そんなことを思いながら、

今、出会わせていただいている目の前のこども達と

成長していく事が今の私のすべき事。

ありがとう、Iくん。

私も頑張る。

ありがとう。

 

 

あやとり大好き♡

「先生、四段ばしごってどうするん?」

そんな時には、、、

「○○ちゃん、あやとりの先生やから聞いてみたら」

と答えます。

 

「そこそこ、そこをとって」

「次はこの指をはずして」

「できたな♡」

そんな姿は本当に微笑ましく、、、

あたたかさを感じます。

ayatori1.jpg

あやとりを通して

同年齢、異年齢の友達との

関わりが深まっています。

そこにはゲームでは感じられない

人と人とのつながりがあります。

昔から伝え続けられてきたあそびの

素晴らしさがあります。

ayatori2.jpg

山を作るだけでも思うように指が動かず

悪戦苦闘していたのがウソのよう…

いつのまにか指がダンスするかのように動き、

四段ばしごや、ダイヤモンドから次々に

変化していくあやとりもできるようになりました。

「目をつぶってもできるで」

「10秒で四段ばしごを作るで、競争しよう!」

次々に目標をもって新しいことにチャレンジしています。

こども達の力ってすごい!!

ayatori3.jpg

毎日、こども達の姿を見て強く感じています。

あやとり名人がどんどん増えているみかん組。

これからも、あやとりの輪が広がっていくことが楽しみです。

保育園だけでなく家庭でもあやとりが広まり

家族で楽しんでいただけたらうれしいです。

おかえり!一年生さん

第2回目の里帰り交流。

 

17名の笑顔がそろいました。

「おかえり」

また、ひと回り大きくなったね。

okaeri1.jpg

「計算カードが早くできるようになりました。」

「マラソン大会、11位から7位になりました。」

「書写で教頭先生と校長先生にきれいな字ってほめられました。」

「体育のドッヂボールたのしいよ。」

「図工で絵を描くのがすきです。」

たくさんの報告、うれしかったよ。

ありがとう。

okaeri2.jpg

おもちつきをして、お雑煮を食べて。

楽しい時間はあっという間。

 

最後にみんなで手をつないで歌った『ビリーブ』

透き通ったみんなの歌声が

保育園に響いて

八代に響いて

心に響いて

胸が熱く、熱くなりました。

okaeri3.jpg

帰ってきてくれてありがとう。

みんなに会えてうれしかったよ。

 

幸せな、幸せな、交流会でした。

おもちつき&クッキング

1月6日(水)

今日は、待ちに待ってたおもちつき&クッキング

ぶどう組と一年生は、おもちつき。

 

もちつき機の中に蒸したもち米を入れ

“スイッチオン”

「わぁ~」「いいにおい」「まんまるになってきた」

こども達は「みせて みせて」ともちつき機の中を

ながめていました。

おもち丸めでは

「あちちち」「あついわ」

「くるくる こうやってするんで」など

会話も弾みながら、楽しくおもちを丸めました。

mochi1.jpg mochi2.jpg

みかん・めろん・いちご組はクッキングです。

みかん組は、大根・人参のいちょう切り。

前日、いちょう切りってどういうのかな?

お家の方に聞いてくる宿題がありました。

「まるをはんぶんにして、それをまたはんぶんにする」

とか、切り方をお家で練習してきたお友達もありました。

クッキングでは、皆、自信を持って

取り組むことができましたね。

mochi3.jpg mochi4.jpg

めろん組は、人参の型ぬき。

最初、「かたいな」「できない」と言っていたこども達。

両方の手で力を入れ押すという要領が分かると、

「できた」「みて」「こんなのできた」と大喜び。

 

いちご組は、初めての三角巾に皆大喜び。

白菜を細かくちぎったり、えのき・しめじほぐしにチャレンジ。

「こう?」「どうやってするん?」「できた」

と言いながら皆で一緒に楽しみました。

mochi5.jpg

大根、人参、白菜、えのきにしめじ。

美味しいお雑煮になりました。

サイトトップへ

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30