食育の最近のブログ記事

夏に負けるな!梅パワーだ!!

「ここにもあったよ~」

「とれないな~」

「ちょっと待って、のぼってみるな」

「もう少し、横、よこぉ~」

「やった~とれた♪」

園庭の梅の木には、今年もたくさんの梅の実が。

青い梅が、たくさん顔をのぞかせてこども達は、一生懸命に手を伸ばします。

umebori1.jpg umebori2.jpg

なかなか取れない梅の実。

ぶどう組はついに、木に登り始めました。

下にいる友達は、上手に言葉をかけながら、コンビネーションもよく、収穫しました。

すべての収穫が終わった後の、こども達のほっぺはまっかっか。

額には汗が光っていました。

服もどろどろになり、とげが当たったため少し傷ついた腕にも、気付かずに・・・

もう、夢中でした。

「ガンバリ賞☆」のこども達が本当に多くみられ、こども達の持つたくましさに感動しました。

素敵な発見の多くあった梅ぼり体験でした。

umebori3.jpg umebori4.jpg

そして、恒例の梅の数いくつ???・・・なんと!!「1214個」の収穫がありました。

あまりの数の多さに、タッパーなどの空き容器を活用して、みんなで10個ずつ詰めてみました。

「10個の集まりが何個できたのかな~?」と、算数の勉強です。

豊作、豊作、大豊作。

驚きながら、びっくりしながらの大収穫となりました。

umebori5.jpg umebori6.jpg

その後、雨の日の散歩で梅の実、再発見!

再収穫もあり、総合計は「1246個」となりました。

各ご家族で、梅の実の数を予想し、投票していただきました。

ご協力、ありがとうございました。

 

そして、梅の実クッキング!!

黄色い梅は梅干しに、青い梅は梅ジュースに。

梅の下処理は、「耳かきみたいね」と竹ぐしを手にして、優しくできました。

umebori7.jpg umebori8.jpg

梅干しは、粗塩をふり、重しをのせました。その後、しその葉を入れ、仕上げる予定にしています。

しその葉は、しそジュースにもしてみようかと計画中。

梅ジュースは、氷砂糖と梅をサンドイッチのようにして、順番に瓶に詰めます。

最後に氷砂糖を、少しずつ、ぱくっとお口へ。

そんなごほうびもあったおいしいクッキングとなりました。

 

もうすぐ暑い夏がやってきます。

体は食べたものでできていることを、子ども達と共に学びながら・・・

元気パワーで夏をたっぷり味わいたいと思います。

楽しい夏が来ますように☆

よもぎ摘み~いっぱい摘めたよ!~

お花見会のお団子作りの時に、よもぎを入れるよ~!と、伝えると 「いぇ~い」っと大喜び!!

さっそく土手へ行き、3・4・5歳児でよもぎ摘みです。

「しゅっぱ~つ!!☆」

「先生~よもぎってこれ~?」 「そうだよ~葉のうしろが白いね~」

「わかった~もっと、いっぱ~い摘むわ~」 

はりきって一本一本、丁寧に摘んでいるこども達でした。

yomogi1.jpg yomogi3.JPG

よもぎを摘んでいると、、、

川の流れに目をひかれ、、、 「魚、いないかな~?」

たくさんのたんぽぽに囲まれ、、、 「きれいだな~」

田んぼの方へ足がむき、、、 「カエル、み~つけた~!」

いろいろな自然に興味津々のこども達!!

笑顔いっぱいでした。

 

「今、よもぎ摘みだで~!」とお友達が、、、

その声に「あっ そうだった!そうだった!!」

またまた、よもぎ摘みに一生懸命に。

yomogi2.JPG yomogi4.JPG

「なんかいい匂いするで~」よもぎの香りも楽しみました。

たくさん摘めると嬉しくて「いっぱい摘めた~」 「やった~!!」大盛り上がり!!

みんなで協力してたくさんのよもぎが摘めました。

きっと、おいしいお団子になるね。

 

八代の素晴らしい自然にたっぷりふれて、春を満喫できました。

 

~赤飯で収穫パーティー~

5月に藤本さんの田んぼをお借りして田植え交流会をさせて頂きました。その時に残った苗をわけて頂き、園でバケツ稲に挑戦し、大事に育ててきました。9月には、ちゃんと立派に育ち、お米を収穫することができ、皆で大喜び!!それからは、脱穀、もみすり、精米を機械を使わずに長い月日をかけて手作業でしていきました。

sekihan3.jpg sekihan4.jpg

脱穀は、割り箸を使って一本ずつ稲をスライドさせて、わらとお米に分ける作業をし、もみすりは、すり鉢とボールを使いコロコロと回して、もみをはがす作業をしました。そして最後の精米は、瓶の中に玄米を入れ、棒でトントンつきます。うす皮を取り、白くする作業を根気よく続け、何日も何日もかけてやっとの思いで、もち米になりました。

sekihan2.jpg sekihan1.jpg

「昔の人って大変やんなぁ」「すごいがんばってやっと出来たなぁー!」と、お米を作る苦労をしみじみと感じていたこどもたちでした。

自分達で大事に育て、皆で協力してできたもち米を、お赤飯にしていだだくことにしました。お赤飯は、お祝いの時に食べることが多いことを話していると「お米ができたパーティーにしよー!」と、こどもたちはとびきりの笑顔。3月19日、今年度最後の食育の日の給食でいただきました。

sekihan5.jpg sekihan6.jpg

「モチモチしとっておいしい~!!」「これがぼくらぁの作ったのー??」と、大喜び。モリモリ、大満足で頂きました。もちろん、おかわりも。一年間かけて、お米ができるまでの過程を体験でき、食への関心も深まったことと思います。苗を頂いたおかげで、素晴らしい体験ができ、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

~お別れクッキング~

今年度も様々なクッキングをし、たくさんの感動を味わってきた、みかん・ぶどう組。3月14日(木)最後のクッキングです。メニューは、こどもたちの大好きな「ホットケーキ」にしました!

cooking1.jpg cooking2.jpg

生地作りはぶどう組。コンコン パカッ!卵を割るのもこどもたち。

「あ、グチャってなっちゃったぁ!」「上手にわれたよ!!」と、大盛り上がり。トッピング用の果物の用意はみかん組。バナナをちょうど良い大きさにフォークでカット!「よーけあるなぁ!がんばるぞ!」と、意気込みを見せてくれていました。いちごのヘタとりも、あっとい間にできました。

cooking3.jpg cooking4.jpg

ぶどう組が1枚ずつ丁寧にホットプレートで生地を焼いていきます。フライ返しで「せーの!」上手にひっくり返し、表も裏もこんがり焼けておいしそう!!とってもいいにおいが園の中を包みます。その間にみかん組は……!?内緒でパーティー会場の飾りつけです!折り紙で輪つなぎを作り天井を飾り“歌のプレゼントをしよう”と、こっそりと練習♪♪ひみつの準備に、こどもたちはドキドキワクワクです。

ぶどう組は、お礼のお手紙とホットケーキを持って各クラスにプレゼントします。おいしそうなホットケーキに釘付けのお友達。そんな姿を見て、ぶどう組も大満足。会場の用意も整い、園長先生も招待して、いよいよパーティーの始まりです!!

cooking5.jpg cooking6.jpg

“おいしいねー!”“最高!!”“おかわりするー!!」と、おいしくできあがったホットケーキに大大満足!!そしてみかん組より『今までたくさん遊んでくれてありがとうございました』と、お礼を伝えると『どういたしまして、こちらこそありがとうございました』と、ぶどう組。とても頼もしくて優しいぶどう組さんが、みんな大好きです。

これからも今日の感動の味、今まで経験した自分達で作った物を頂くことの喜びを忘れず、大きくなっていって下さいね。おいしくて楽しい思い出をありがとう!!

~クッキング 大好き♪~

種まきをした大根が、冬の寒さに耐え、雪の下でぐんぐん育ち、土の中からプクッと白い顔をのぞかせています。
“もう、いいんとちがう~!?食べられるで、きっと!!”と、期待を膨らませるこどもたち。そこで収穫をしてクッキングをすることにしました!!

P1160419.JPG P1160426.JPG

P1160451.JPG P1160436.JPG

青々とした葉を両手で持ち“せ~の!よいしょー!!『わぁー!すごーい!!おっきいでー!!!』大歓声が響き渡り、大興奮のこどもたち。
次々に立派な大根を収穫し、大満足!

P1160433.jpg

クッキングをするのは、みかん組・ぶどう組。メニューは「野菜のおみそ汁」と「大根と大豆の煮物」です。
ぶどう組は慣れた手つきで、野菜の皮をむき、ねこの手で包丁で切っていきます。ごぼうのささがきもピーラーで!みかん組も包丁に挑戦です!!

P1160479.JPG P1160481.JPG

“ねこの手だよ”“ゆっくりね”と、ぶどう組の先輩に教わりながら、一人一人、順番に切りました。おみそ汁はじゃこだし、煮物はこんぶだし、それぞれの鍋でグツグツグツ。部屋中にとってもいい香りが。鍋をのぞき込む子のお腹からグ~ッ♪♪(かわいいですね!)

P1160483.JPG P1160491.JPG

さぁ!いよいよ完成です!!みんなで『いただきまーす!』“おいしいね!”“野菜の味がする!”“お豆、やわらかーい”と、自分達で作ったお料理に大満足のこどもたちでした。

ーちょこっとエピソードー

飼育しているうさぎのあんちゃん、いっちゃんにも野菜の皮や葉をおすそわけ。クッキングをする中で、自然にこどもたちがしてくれるようになりました。
食物を大切にする気持ち、生き物への優しさをいつまでも大切にしてほしいと思います。

前の5件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

サイトトップへ

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別 アーカイブ