食育の最近のブログ記事

みかん組のこども達にとっても、

私にとっても

初めての梅干作り。

ume21.jpg ume22.jpg

「おばあちゃんがシソって言いなったで

 ぜったいにシソだって」

ぶどう組さんの「シソだったで」という言葉を信じて…

「もみもみ ギュッ ギュッ」

「1、2、3、、、10」

「はい、交代やで」

自分たちで声をかけあいながら

シソ揉みを始めます。

揉むということは、こども達にとって難しい動作。

しかし、何事も経験。

次第に上手になり、

ボールにいっぱいだったシソの葉も

量が少なくなっていきます。

ume23.jpg

「あっ汁が出てきた」

「ちょっと黒いで」

2回目のシソ揉みでは、色も変化。

梅酢を入れて、最後のシソ揉み。

「さっきと違う」

「あっ、きれいになった!!」

「なんで?」

梅酢の力は本当にすごい!!

いよいよ、シソを梅の中へ…

「梅干のにおいになった」

「梅酢が赤になった」

「きれい!!」

「おいしい梅干になりますように…」

この梅干は、来年

ぶどう組になってからいただきます。

楽しみだね♡

ume24.jpg

そして、

今日は染め物にもチャレンジ!!

シソの絞り汁を使って、布を染めることに

「どんな色になると思う?」

「赤」「紫」「青」「黄」

ここにも梅酢をプラス。

白い布が、きれいなピンクに変身♡

「シンデレラのドレスができそう」

みかん組ガーデンに干して…

太陽の光をいっぱい浴び、風に揺れ、

なんだか物語の一場面のよう…

素敵な時間が流れます。

ume25.jpg

みかん組の不思議探し、

楽しい遊びは

まだまだ続きます。

お楽しみに…♪

凍った梅と氷砂糖~梅ジュース作り~

今日は、収穫した梅を使っての

梅ジュース作りです。

(今年は6kgの梅を梅ジュースに)

ume1.jpg

「材料、運ぶの手伝ってー」と私。

「O.K!」と、はりきるこども達。

凍らせておいた梅を渡しながら

「大丈夫?冷たいよ」

「うん…!わっ、きもちいい」

「コチンコチンだな」

「さわらせてー!」と

キャッキャッと嬉しそう。

ume2.jpg

「次は氷砂糖だよ」

「んっ?!大丈夫、つめたくないわ」

「平気 平気」

「先生、ちっともつめたくないで」

一瞬考えましたが…

「なるほど!砂糖だもんねー」と大笑い!!!

こどもの素直な反応に感心しました。

氷砂糖と凍った梅を順番に瓶に詰めていき、

梅ジュースの作業終了です。

あとは様子をみながら待ちます。

ume3.jpg

今年もたくさんの自然の恵みに

感謝の心を持って進めたいと思います。

みんなの笑顔が詰まった梅ジュース

きっと、おいしいはず♪

今年も地域の吉岡農園さんのご厚意で

「じゃが芋ほり」をさせて頂きました。

potato1.jpg

畑には、とうもろこし、なす、ねぎなど

たくさんの野菜が植えられていました。

「じゃが芋はどこかな?」

「ここ、ここ」

「ほら、ちょっと見えとるで」

耳をすますと

『みんな、待ってたよ』 『はやく見つけてね』と

かわいいじゃが芋の声が……

potato2.jpg

さあ、いよいよじゃが芋ほりの開始!!

 

「よーいしょ!」 「よーいしょ!!」

「とれたで!」 「大きい!!」

こども達は目を輝かせながら

夢中で土をほっていきます。

potato3.jpg

「ほら、メガネみたい」 「これ顔だよ」

「鳥」 「赤ちゃんのお芋」

とれたお芋を見て、こども達のイメージは

どんどん広がります。

こども達の感性って素敵ですよね♡

potato4.jpg

もうひとつの素敵なもの。

それは、パワーショベルのようなこども達の手!

そのかわいい手で、

どんどん、どんどんほっていきます。

一輪車いっぱいのじゃが芋を

収穫することができました。

バンザーイ!!

potato5.jpg

一人に一つずつ、じゃが芋を持ち帰りました。

このじゃが芋を通して、

親子での会話が広がり、

楽しいクッキングへとつながっていくことを願って…。

 

収穫の喜び、吉岡さんへの感謝、

クッキングへの期待。

こども達の心の中には、

色々な気持ちが広がって、育っていることでしょう。

本当にありがとうございました。

春の香りに包まれて「よもぎ団子作り」

今日は3・4・5歳児でクッキングです!!

先月摘んだ八代の春の香りのするよもぎを使っての

「よもぎ団子作り」です。

yomogi1.jpg

「団子の粉って、何からできているの?」

「ひょっとして おこめ?」 (大正解!!)

yomogi2.jpg yomogi3.jpg

今週は田植え交流会でもち米の苗を植えました。

もち米にふれて…

もち米の変身を味わいます。

 

こねていくと

よもぎの香りも広がり…

「わぁー いいにおい」

「先生は温泉に行った時、よもぎのお風呂に

 はいったことがあるよ」と話すと、

「ぼく知ってる!!」

「体にいいんだねー」

団子を丸めながら、楽しい会話もはずみます!

yomogi4.jpg yomogi5.jpg

そして

3時のおやつにいただきました。

おいしくて、たっぷりおかわりもして

春の味に舌鼓♪

yomogi6.jpg

yomogi7.jpg

その日は園庭にもよもぎがあることを見つけ

香りをかいでは

「ん~っ」

「いいにおいっ」

おままごとでは“よもぎケーキ”が

並んでいましたよ。

春の自然の恵みに感謝です。

八代の春~よもぎ摘み~

春の日差しの中、土手に降りました。

 

「よもぎってどれかわかる?」

3・4・5歳児に質問!

「しってるよ」

「じゃあ、自分で探してみようか!」

「わかった!!!」

はりきって、土手探検です!(みつかるかな?)

yomogi1.jpg yomogi2.jpg

しばらくすると・・・

皆、みどりの葉をしっかり握り、

「これでしょ!」と

見せてくれました!(とっても自慢げに!)

「ごうかくっ!!!」

んーっ!この合格率の高さ、素晴らしいものがありました。

さすがでした・・・。

 

あちらこちらで、すわりこみ

よもぎを摘み、摘み・・・

そばの用水路ものぞきこんでみたり、

『脱線』も楽しいよもぎ摘みです。

 

yomogi3.jpg

「ありさん!」と指差して教えてくれたり、

風で飛んできた桜の花びらを拾って保育者に届けてくれたり・・・

だんごむしやてんとうむし、

すみれやたんぽぽと・・・

こども達は、春を発見する名人です。

ぜひ、ご家庭でもお散歩に出かけて、

身近な自然に触れてみては

いかがでしょうか?

 

よもぎは、後日、クッキングの予定です(乞うご期待!)

香り豊かに、春いっぱいの美味しさを味わいます。

 

 

前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

サイトトップへ

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ