「11ぴきのねこ」のカルタ

「11ぴきのねこ」のカルタを

出先の書店で見つけた時、

「わぁ~こども達とあそびたい」という気持ち「

karuta1.jpg

3歳児には少し絵札が小さく見にくいかな?

拡大コピーをして少し大きくなった絵札を用意。

 

「今日はカルタをします」

「やった~」

絵札を並べると

「わぁ~11ぴきのねこだ~」

こども達の喜びの声。

karuta2.jpg

発表会、「11ぴきのねこ」の話を元に

「13びきのねこ」に取り組んでから

ますますめろん組は、ねこブーム。

karuta3.jpg

こども達が喜んでくれ

一緒にカルタあそびができること

しあわせ しあわせ

こども達の好きなこと、好きなものに

一緒に寄り添い、取り組み、あそべること、

本当に幸せです。

「〇〇さぁ~ん」

めろん組(3歳児)の部屋から聞こえてくるお呼び出しの声。

今日も「めろん組病院」が開院したようです。

 

初夏から秋口頃には、だんご虫ごっこ。

秋から冬にかけては、13匹のねこごっこ。

今は病院ごっこ。

 

先日、私も患者さんになって

「めろん組病院」を訪ねました。

 

「園長さぁ~ん」

いつもは、園長先生と呼んでくれますが、

患者さんになったら、「園長さぁ~ん」

素晴らしい。

状況に応じて対応が変わります。

 

元気になる注射を左の手の甲にぶすり。

(点滴は時間がかかりそうなので、丁寧にお断りしました)

優しくもみもみしてくれました。

 

ごっこ遊びの楽しさの中に

言葉のやりとりをし言語力や表現力を身につけたり、

自分の思いを伝え、相手の思いを受け止めたり、

ルールや約束、時にはちょっと我慢も。

工夫したり考えたり、協力したり。

たくさんの学びがあふれています。

 

そんな遊びを大好きなお友だちや先生と繰り広げて、

安心してぐんぐん大きくなっているめろん組さん。

ありがとう。

 

デスクマットにはさんだ「めろん組病院」の診察券。

次はいつ、使いましょうか。

 

 

 

 

 

 

 

豆まき会

節分の由来をペープサートを使ってお話をすると、

真剣な表情で聞いているこども達。

 

数日前から自分の心の中にいる鬼を考えて、、、

「私は怒りんぼ鬼がいます」

「泣き虫鬼がいる」「ゲーム鬼もいる」

「あれ買って~、困らせ鬼もいる」

mamemaki1.jpg

それぞれクラスで作ったお面をかぶって、ステージに登場。

かわいい鬼や怖い鬼、かっこいい鬼、、、

「ハイ 鬼さんポーズ」

mamemaki2.jpg

今年は新聞紙が豆の玉。

足で丸めていきます。

「難しいなぁ」「どうやってすればいい?」

困っていたこども達に周りのクラスは

「頑張れ!」「頑張れ!」応援。

一生懸命、自分の玉を完成!

「できた~」手を上げ大喜び。

とびっきりの笑顔です。

mamemaki3.jpg

そこへ、巨大な赤鬼が登場。

「ガオ~!八代の山からやってきたぞ

 みんなの中に困らせ鬼はいないか~」

みんなドキッ!!

「怖い。」泣いて隠れるこども達。

 

しかし、新聞紙で丸めた玉で

「さぁ、鬼をやっつけるぞ!」

「鬼はそと、えいっ」

何度も何度も拾っては、鬼に向かって「えいっ!」

泣いていたこども達も笑顔で鬼退治。

鬼は「痛いよ~。もう八代の山に帰るよ~」と

逃げていきました。

みんな、とても大満足。

豆まきの歌がホールいっぱい響き渡ります。

mamemaki4.jpg

会食はオニさんライス。

目はグリーンピース、鼻は人参、口は大根、

髪の毛はブロッコリーと炒り卵、

角はとんがりコーン、

最後に耳はりんごをつけて、

完成!!

それぞれ自分で作ったオニさんライスに大喜び!

おいしく頂きました。

感謝の気持ちでおもちつき!

藤本さんよりいただいたもち米でおもちつき。

田植えをするまでの田んぼの手入れ、

田植えをしてからの世話など

大変なご苦労のおかげで今日のおもちつきができます。

感謝の気持ちを持っておもちつき。

 

そう、話していると…。

調理室より、いい匂いが…happy01

そう、もち米を蒸す匂いです。

mochi1.jpg

蒸したもち米をもちつき機の中へ…

「わぁーどうなるんだろう!」「クルクル回っとるで!」

「踊っとるみたい!!」「おもしろいなぁー!」

だんだんおもちみたいになってくると…。

「ツルツルしてきたなぁ!」「わぁーほんとだ!!」

「変身してきたなぁー!!」

mochi2.jpg

さぁ、次は、わくわく!みんなで丸めます。

「やわらかいやん!!」「ちょっと熱いわ!!」

「いい匂いがするなぁ」「ほら、ふわふわにできたで!!」

おもちの感触を楽しみ、笑顔いっぱい。

 

「次のちょうだい!!」「こんどは私も」「もうできたで!!」

だんだん手際よくなり

あっという間にたくさんのおもち。

みんなで大喜び…。

mochi3.jpg

次のおもちがつける前に

ちょっとだけひと休み。

自分で丸めたおもちにきな粉をまぶして…。

「いただきまーすhappy02

「わぁーおいしい!」「やっぱりおいしい」「おもち好きー!!」

「きな粉つけたら、めっちゃおいしいなぁー!!」

増々、笑顔いっぱい!

幸せ幸せ。

mochi4.jpg

そして給食の時間には、具だくさんのお雑煮。

「ビョ~ン!!伸びる!」

「おいしい~!!」「めっちゃおいしいなぁ!!」

笑顔いっぱい、大満足。

おかげで楽しくおもちつきができました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

ぶどう組(5歳児)の成長に感謝。日々、感謝。

伸び行くこども達と共有する時間は

私達にとってかけがえのないものです。

 

新年お茶会にて、

「お行儀よくできますね」「正座、上手ですね」

と地域の方にほめていただいたり。

 

避難訓練で「しゃべらない」の約束があるのに、

ちょっと気が緩んでおしゃべりしちゃった日。

担任のそれはそれは悲しそうな表情に

こども達も猛反省。

避難訓練は訓練だけど命を守るための大事な訓練。

担任はもちろん、職員皆、真剣です。

 

毎日の運動あそびや発表会など

リーダーとなっての進行役も頼もしくなり。

自分達より小さい子の目線になって、

考えたり、工夫したり。

優しさ、思いやり、見守りも。

 

クラスの中では、当然もめる事もあるけれど

相手の気持ちを聞いたり、

話し合いでうまく折り合いをつけることも

学んでいます。

 

春から14名のこども達で紡いで、

コツコツと積み重ねて、積み重ねて。

こうして経験した事こそが

この子達の生涯にわたっての財産になる。

そう信じて、

職員一丸となって。

今日も笑顔で。

 

 

前の5件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

サイトトップへ

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ