カメが卵を産んだよ!!

ぶどう組の部屋の前で、

カメさんが

なんと卵を産もうとしてるかも・・・。

野生のカメさんです。

kame1.jpg

「みかん組さん観察しといてね・・・」

そう言って、ぶどう組は5歳児交流会に出かけて行きました。

 

「えっ!!??」 「カメ??」 「よし!!見に行こう~!」

そーっと見てみると、なんとなんとカメが穴を掘っています。

「今から産むんかなー?」 「あっ動くのやめたわ!!」

「そーっとしとこー!!」 「また見に行こう!!」

 

少しの間、その場を離れてミルクタイム・・・。

 

さぁ、再び見に行くと・・・。 「あれ??大変!カメがいない!!」

「どこ行ったんだろう?」 「探しに行くで・・・」

「もしかして、さっき穴を掘っていたとこに卵を産んだかも・・・」

「だれかが踏んだらあかんで石で囲っとこ~!」

みんなで石拾い・・・。 

カメが穴を掘っていたところに囲んで石を置きます。

kame2.jpg

「あっここにおったー!!」 (草むらの中にカメが休憩中)

「産んだからしんどいんかなー!!」

「そうだわ!!」 「大丈夫??」 「えらい?」 優しい言葉をカメさんに・・・♡

「えーっ!」 「見て~!こんなところに・・・これ卵ちがう?」

なんとなんとカメの卵を三つ発見!! (あちこち産む場所を探していたようです)

(あちこち穴を掘った跡が・・・)

「どうしよう~この卵?」 「ここだと踏まれちゃう!!」

 

カメの卵について調べて・・・。

よし!!クッションのある土を敷いて、その上に、そーっと そーっと

卵をお引っ越し・・・。

「あした出てくるかな~?」

「いっぱい産まれるかなぁ~?」

「楽しみー!!」

これからの観察を楽しみにしてわくわくのこども達でした。

(調べてみると孵化するまで2ヶ月~3ヶ月という事でした)

夏をたのしもう!梅ジュース作り

1152個の梅は梅干しと梅ジュースに変身します。

ぶどう組は梅ジュース作りです。

はかりにのせて・・・さぁ梅さんの体重測定です。

「はい!7kg!」

そして氷砂糖も7kg!

今年は冷凍した梅を使います。

(※冷凍した梅を使うことで繊維が破壊されてエキスが出やすくなるとのこと)

umejuice1.jpg

少し前に話した作り方。

「氷砂糖 → 梅 → 氷砂糖 → 梅 → 氷砂糖の順やな~」と

こども達

「よく覚えてるね~ さすがだわ~」

umejuice2.jpg

順に瓶と梅がこども達の輪の中をまわります。

「何個ずつ入れる?」

「はじめは1個ずつ!」

そのうちに数の感覚がついてきて

「3個ずつでも大丈夫ちゃーう?」

「いける いける」

友だちが入れやすいように

梅の入った袋を持ってくれる子。

瓶も入れやすい位置を考えて回してくれる子。

仲良しの輪がひろがっていくようです。

umejuice3.jpg

さぁ夏を元気に楽しもう。

あそぼう!

クエン酸パワーも味方にして!!

umejuice4.jpg

みんなで梅干作りに挑戦①

「収穫した梅の実。今日は何するんだった??」

「梅干し~!!」 「よく覚えとったね!!」

「だって楽しみだったもん!!」

わくわくしながら梅干作りに挑戦!

umeboshi1-1.jpg

はじめは、一つ一つ優しく梅の実を洗い・・・

一つ一つ丁寧に拭きます。

次は塩をまぶしてモミモミ・・・

「わぁコロコロ梅が動く~!!」

「塩が雪みたいだなぁ~!!」 「おもしろい~!!」

みんな順番に塩もみを楽しみます。

umeboshi1-2.jpg

そして容器の中へ・・・。

塩の量を見たこども達は・・・

「えぇ~!!こんなよーけ塩入れるん??」

びっくりした様子のこども達。

umeboshi1-3.jpg

「よーけ入れんな、おいしい梅干しになれへんのだよ!!」

「へぇ~そうなんだ!!」

重石を持ってみると・・・

「わぁ~!!おもいわ!!」

「なんでこれ乗せるん??」

「重石を乗せると梅の汁がでてきて、おいしくなるんで!!」

「へぇ~そうなんだ!!」

不思議を感じながらも、みんなで楽しくはじめての梅干し作りに挑戦できました。

「いっぱいぼれたよ!梅ぼり」

「いっぱいとるぞー!!」

はりきって梅ぼり開始。

「見つけた~!」「あそこ あそこ!」

目を輝かせて斜面をかけ登り・・・手を伸ばし・・・

「う~~ん!!やっと、とれた~!」

満面の笑み!

umebori1.jpg

高い所にある梅の実を見つけると・・・

「よし!!」

なんとなんと・・・たくましく木をよじ登り・・・上の方まで・・・。

「やった~!!」「とれたわ!!」

満足そうな姿です。

umebori2.jpg

一番奥の木を見上げると・・・枝に並んでいるかのような梅の実。

「なんか、ぶどうがなっとるみたい!!」

「マスカットに似とるなぁ~!」

かわいい会話が聞こえてきました。

umebori3.jpg

でも、どう見ても手を伸ばしても木に登っても届きそうにありません。

さぁどうしましょう~!!?

そこで毎年使っている梅とり棒の登場です。

梅とり棒でつついてみたり・・・器用に使い・・・

やっとの思いでゲット・・・。(^_^)

「とれたわ!!見て~!こんなに大きいの・・・」

大興奮です。

umebori4.jpg

かわいい年下のお友だちの応援もあり、

みんなで楽しく梅の実を収穫することができました。

しあわせ・しあわせ・・・♡

 

※おまけ

ここ但馬地方では、

何かを「もいでとる」ことを「ぼる」と言うようです。

ぼる=(果物などを)もぐ

   (水などが)漏る など

うさぎさんようこそ⑦

おやつ後に各クラスに行くことに・・・。

「ふわちゃんです」

「やさしくしてください」

「仲間になってあげてください」

様々に言葉もつけ加えていました。

各クラスに手作りポスターも貼ってもらいました。

rabbit7-1.jpg rabbit7-2.jpg

rabbit7-3.jpg rabbit7-4.jpg

「よくがんばったね」

「さすが、ぶどう組!」

rabbit7-5.jpg rabbit7-6.jpg

rabbit7-7.jpg

愛情たっぷり大きくなってね

ふわちゃん

ふわちゃんのお陰で

たくさんの学びができたよ

ありがとう。

前の5件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

サイトトップへ

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ